« 2015年8月 | トップページ

2016/03/21

2016J2第4節松本-千葉(松本)観戦メモ

嬉し恥ずかし初勝利(アルウィンで)

-----------------------------------
3月20日(日) 2016 J2リーグ戦 第4節
松本 0 - 1 千葉(14:03/松本/17,284人)
得点者:56' 山本 真希(千葉)
【主審】西村 雄一【副審】八木 あかね、林 可人
【天候】晴 / 8.8℃ / 60%
-----------------------------------

対戦相手の松本山雅は第4節にしてホーム開幕戦。
松本の選手もサポも気合が入りまくる圧倒的なアウェイ環境の中で、1−0の勝利は実に痛快。
ゴールを決めた山本選手は起点となる縦パスを入れてからスルスルとゴール前に侵入。
スカパーのインタビューでは「こぼれ球が来そうだったので」と山本選手は語っていましたが、「なぜここに居た」的な見事なポジショニングでの見事なゴールでした。

アルウィンでの勝利はクラブ史上初めて。
これは、松本山雅がJに昇格するずっと以前、2003年ごろから年1試合程度ホームゲームをアルウィンで開催していたものも含めてですから、やっと鬼門を攻略できた感じです。

さて、今回初めてのアルウィン初参戦でしたが、迷ったのが帰りの電車の時間。
スタジアムから松本駅まで所要時間が全く読めず、とりあえずネットでの「約30分」という情報を信じて、試合終了後1時間20分後の松本駅発の特急を予約。
でしたが、昨年の栃木戦で復路シャトルバスを約1時間待たされた経験を思い出し、当日朝に1本遅い特急に変更。
結果は、アルウィンのバス乗り場で約1時間待たされ、松本駅に到着したのが試合終了1時間半後。直前の切符変更が功を奏しました。
非常に雰囲気が良いスタジアムですので、このアクセスの悪さは非常に残念です。
でも、勝点3という大きな土産をゲットできたので、寒風の中で1時間もシャトルバスを待たされても、気分は最高でした。

次節群馬戦に向けて良い準備をしていきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ