« 2014J2第3節東京V-千葉(味スタ)観戦メモ | トップページ | 2014J2第6節水戸-千葉(K'sスタ)観戦メモ »

2014/04/01

2014J2第5節千葉-熊本(フクアリ)観戦メモ

久しぶりに安心して90分過ごせる試合でした。
Img_0127_2
-----------------------------------
3月30日(日) 2014 J2リーグ戦 第5節
千葉 3 - 0 熊本 (16:03/フクアリ/5,957人)
得点者:2' ケンペス(千葉)、56' オウンゴール(千葉)、71' 谷澤達也(千葉)
【主審】吉田 哲朗【副審】小椋 剛/岩田 浩義
【天候】雨のち晴 19.6℃ 83%
-----------------------------------
天気予報通り、朝からの強い雨と風の中、武蔵野線と京葉線を乗り継いでフクアリに無事到着しましたが、その直後に強風のため京葉線が止まったとか。
正直、この日はツキがありました(笑)

前節からスタメンを大きく変えてきたジェフ。
注目すべきは、井出選手。
下部組織出身で「育成のジェフ」復活の象徴として大事に育てたい選手です。
そんな井出選手がスタメンですから、試合前から期待と不安が交差する親心なジェフサポも多かったことでしょう。
試合が始まると、いきなり井出選手が見せてくれました。
右サイドで熊本の選手に囲まれながらスルスルとドリブルで突破。その流れから波状攻撃が開始され、最後は左サイドからの中村選手のクロスにケンペス選手が頭で決めて先制。
ゴール前中央でケンペス選手をどフリーにしてしまう熊本の守備に問題はありますが、その前段の左サイドの崩しは素晴らしい連携でした。
その直後にも左サイドで町田選手、谷澤選手、中村選手が細かいパス交換でDFを引き付けて、中央の井出選手にラストパス。迷わず放たれたシュートはGKの好セーブに阻まれましたが、得点の匂いがプンプンする試合序盤でした。

敵チームのスカウティングに関してはプロ中のプロ、日本サッカー界の第一人者である熊本の小野監督を欺くには、前回のリーグ戦出場が2011年の井出選手のスタメン起用は見事にハマった感じだったのでしょうか。
いずれにしても、井出選手に熊本の選手が手を焼いていた事は間違いない感じだったと思います。
ただ、後半の谷澤選手のクロスからのオウンゴールの場面、ここでの熊本の守備はお粗末過ぎる印象でした。
ハーフウェイライン付近から、右サイドをゆるゆるとドリブルで駆け上がる谷澤選手に誰も対応せず、そのままフリーでクロスを許してしまってますからね。ボールがネットを揺らした時は「あーあ...」という感じでした。

でも、結果的にこのオウンゴールが非常に大きかった。

直後の58分、CKからのカウンターで抜け出した町田選手からフリーの井出選手にラストパス。のはずが、浮き球となったパスのトラップが大きくなって、井出選手とGKのイーブンボールからの交錯。
体を張ったGKの好セーブで終わるはずのプレーでしたが、交錯を回避しようとした井出選手の足がGKの顔面をヒット。これで井出選手は一発レッド。
帰宅後、ビデオでこの場面を何度か見直しましたが、一発退場はどう考えても厳しすぎの判定でした。

結局、これで試合が変な方向へ進み始め、両チームの選手とスタジアムのサポが主審の判定に敏感になり過ぎ、試合に集中出来ない感じになってしまいました。
これは試合をコントロールすべき主審の技量不足と言ってしまえばそれまでですが、プラスクオリティプロジェクトを謳うJリーグとして、何とかすべき事柄でしょう。ただし、主審だけの問題ではなく、選手とベンチ、サポも含めて、スタジアム全体で試合を作り上げる意識が大事だと思いました。

残り30分で数的不利ながら2点リードという難しい状況となりましたが、71分にこの日キレキレの谷澤選手のゴラッソが決まり、勝負あり。
アディショナルタイム5分で、91分頃から早めの大脱走が歌われる中、危なげなく無失点で試合終了。
やっと今季2勝目となりました。

少しずつではありますが、チームとしての底上げが出来ている印象で、井出選手の活躍はチームに勢いと競争意識を持たせる良いトピックスだと思います。
次節はアウェイ水戸戦。鬼門ですが、勝ち点3めざしてがんばりましょう。

|

« 2014J2第3節東京V-千葉(味スタ)観戦メモ | トップページ | 2014J2第6節水戸-千葉(K'sスタ)観戦メモ »

コメント

井出の退場の判定は妥当でしょう。故意かどうかは「著しく危険なプレー」には無関係だったかと。
あれはサッカーの判定のルールを知ってる人なら納得らしい。その後の井出の態度もとても褒められたものじゃないしな。

その後ゴル裏のサポがGKに「お前のシミュレーションのせいで井出が退場になったんだぞ!」と大ブーイングしたのは常識に欠ける行動でしたな。

その後の主審への谷澤らの挑発はプロのアスリートとして頭がおかしい行動。3-0で勝ってるのにもっと大人の対応出来ないのか?

投稿: mizuno | 2014/04/01 07:21

御疲れさま~ヤット両目が開いたわね。私ハイタッチだったんですよ。井出君堂々としたもので落ち着いた表情でピッチに出て行ったわ。春の嵐でなかなか厳しい観戦環境だったわねえ。(H雨にたたられてるね。私はまだ片目開いたと勘違いの酷酷さぽです、山中ゴール忘れてた)1週前兵働君のお尻叩きにTGに行ったんだw効果あってよかったあ~

投稿: matti | 2014/04/01 19:44

>mizunoさま

コメントありがとうございます。
なるほど。
貴重なご意見ありがとうございました。

>mattiさま

コメントありがとうございます。
雨と風の中、応援お疲れさまでした。
ユナパのTGにも行かれたのですね。東京の西側に住むものとして、行動力に頭が下がります。
井出選手には残念な結果でしたが、次の出場チャンスに期待しましょう。

投稿: speedster | 2014/04/01 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/59389946

この記事へのトラックバック一覧です: 2014J2第5節千葉-熊本(フクアリ)観戦メモ:

« 2014J2第3節東京V-千葉(味スタ)観戦メモ | トップページ | 2014J2第6節水戸-千葉(K'sスタ)観戦メモ »