« 2012J2第5節千葉-徳島(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2012/4/15 »

2012/04/16

2012J2第8節千葉-岡山(フクアリ)観戦メモ

むむむ・・・な、試合でした。
Dsc00467
------------------------------------
4月15日(日) 2012 J2リーグ戦 第8節
千葉 0 - 0 岡山 (16:03/フクアリ/9,056人)
【主審】松尾 一【副審】平野 伸一/田中 利幸
【天候】晴のち曇 13.8℃ 48%
------------------------------------
公式記録の気温は13.8℃ですが風が冷たく、試合が進むにつれて体が冷える中で、試合も不完全燃焼な内容となってしまいました。

岡山は自陣にがっちりと守備ブロックを形成して、縦に入るパスを徹底的に潰しにかかってきました。
具体的にはパスの出所である伊藤と佐藤健太郎のボランチと、前線の受け手である藤田がメインの標的。
前節水戸戦後の山口智のコメントでありましたが、「CBがボールを持っている時に前線で裏を取る動きが見えても敢えてロングボールは蹴らずに繋いだ」という今シーズンのジェフの攻撃に対して、まずは中央のパスコースを潰すことに成功したという感じでしょうか。

そうなるとサイドからの攻撃となるのですが、3バックの岡山のサイドを深くえぐるどころか前線にボールを運ぶことも出来ずにジェフは四苦八苦。
ここで目立ってしまったのがミルジの右SB起用。
大岩ほどの前へチャレンジすることもなく、同サイドのレジナルドとのコンビネーションもチグハグ。
せっかく左サイドでボールキープしてから右へサイドチェンジしても攻撃の起点となることはありませんでした。
後半開始早々はレジナルドが中に絞りスペースを空ける動きなどでチャンスメイクも出来ていましたが、この動きが前半から出来ていればと悔やまれます。

それと選手交代。
62分に藤田→荒田、70分に深井→田中の交代策は、前線の運動量を増す事が狙いだったと思われますが、結果的に藤田の高さと、深井の推進力を失ってしまった感が否めませんでした。
前線のスペースも無く、時間経過と共に選手の疲弊度合いが増していく中で、チームの攻撃力を何処に集中させるのかが不鮮明になってしまった感じでちょっと残念でした。まあこれも途中出場した荒田と田中がもうちょっと頑張ってくれれば問題は無かったのかもしれませんが・・・
武田の負傷交代がなければオーロイ投入もあったかもしれませんが、岡山は61分にCBを188cmの植田に交代していることを見ると影山監督も警戒していたのかもしれません。

岡山は90分間堅守速攻をやり切った感じでしょうなあ。
CKで11人がゴール前に「整列」するような守備を見た時には「そこまでやるか」と思いましたが、この試合では完全に岡山の術中に嵌められてしまいました。

ジェフはなかなか連勝ができません。
昨年も一昨年も昇格したチームには連勝する勢いがあったことを考えれば、そろそろ「勢い」が欲しいところ。
兎にも角にも、次節のアウェイ松本戦でやり直しです。

|

« 2012J2第5節千葉-徳島(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2012/4/15 »

コメント

岡山はいつもよく研究してくるなあ~
ホント堅かったですね。う~んと肩に力入って観戦したので疲れた。先週水戸で勝利(行きましたよ~)したので連勝して上昇気流に乗りたかった。松本も行きます。あずさの切符買って八王子からね。

投稿: matti | 2012/04/16 16:52

>mattiさま

コメントありがとうございます。
悔しい試合でしたねえ。
私も松本に行く気満々でしたが、仕事の関係で行けるかどうか怪しくなってきました。
お気を付けて行ってらっしゃい。

投稿: speedster | 2012/04/19 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/54482393

この記事へのトラックバック一覧です: 2012J2第8節千葉-岡山(フクアリ)観戦メモ:

« 2012J2第5節千葉-徳島(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2012/4/15 »