« 読書の早春 | トップページ | 臨海 Forever »

2012/02/09

スキーの思い出

4月の松本遠征に備えて長野県について軽く調べてみたら、今年は長野県にスキーが伝わってちょうど100周年なんだそうで。

そこで急に思い立って「私をスキーに連れてって」を検索してYouTubeで見てしまいました。
懐かしいなあ。

実はここ10年ほどスキーは全くやっておりませんが、その前まではかなりスキーにハマっておりました。
もともと雪国育ちなで、小さな頃から日常の遊びでソリとかミニスキーで雪まみれになり、小学校では体育の授業が毎回スキーでしたから、いわゆる普通のスキーも何の抵抗もなく滑れて、週末は親に近くのスキー場に連れいってもらいました。

そんな中、日本のスキーの歴史を一気に変えてしまった映画「私をスキーに連れてって」が公開。
この映画が公開された年、私は大学受験に失敗して浪人中の身だったため、リアルタイムで見る事もなく、当時の愛読書だったビックコミックスピリッツの気まぐれコンセプトでこの映画の存在をかろうじて知る程度でした。

その後1浪の末に地元の大学に滑り込み、大学生活を満喫している中で、当時付き合っていた彼女と見に行った映画が再上映されていた「私をスキーに連れてって」。
苦しかった浪人時代から解放され青春を謳歌しようとしていた私にとってこの映画は衝撃的なものでした。
それまで家族とのレジャーでしかなかったスキーのイメージが完全に覆り、「スキーってこうやって楽しむものなんだ!」と目から鱗が落ちまくりで、大学の4年間はスキーを燃えてみようと心に誓ったものです。
残念ながら隣の彼女とは別れてしまったため一緒にスキーに行くことはありませんでしたが、バイトで得たお金をスキーや車に全て注ぎこみ、学校の仲間とスキーに行きまくりました。
例えば、授業が午前中に終わるとそのまま車でスキー場に駆け込み、平日でガラガラのゲレンデを日没のクローズまで滑ったり。

大学を卒業後、就職で上京してもスキー熱は冷めることなく、人生初のボーナスを握りしめて、神田のスキー屋で最新モデルの板とブーツを買い、通勤電車並みに混んだ新幹線やバスを駆使して新潟や長野へ行ったものです。

でも、やがて仕事に追われるようになり徐々にスキーの熱も冷め、結婚して子供も生まれるとめっきりスキーに行く機会も無くなってしまいました。

今回20数年ぶりに「私をスキーに連れてって」の一場面を見ましたが、自分の青春時代が蘇るようで本当に涙が出てきました。
いやはや年をとったもんです。

携帯もスノーボードもカービングスキーも無く、リフトに乗る為に1時間も待ったあの頃の文化は今の時代では理解されないと思いますが、私の貴重な思い出としてDVDを買って中学生の息子に見せてみようと思います。
どんな反応すっかなあ。
きっと見向きもされないだろうな(苦笑)

|

« 読書の早春 | トップページ | 臨海 Forever »

コメント

今はスノボー流行りでスキー人口はかなり減り続けているのでこのような映像はマジ貴重な宣伝効果が??

投稿: 下駄の親父 | 2012/02/10 18:03

私の妹と多分同い年かしらね。妹やいとこはスキーにはまっていました。私は寒いのダメな人なのでちょこっとやってみて諦めたけど。神田のスポーツ用品店当時はスキー関係充実してましたね。なんか楽しい時代だったわね。松本は私も遠征予定です。

投稿: matti | 2012/02/11 10:42

>下駄の親父さま

コメントありがとうございます。
確かにスキー人口(スノボ含む)はピークの約4割まで下がっているようで・・・
近年(と言っても2008年ですが)「銀色のシーズン」というスキー映画が作られたようですが、スキー人口を増やすほどの効果は無かったようですね。

>mattiさま

コメントありがとうございます。
神田神保町は古本と共にスキーの聖地でしたが、今はどうなっているのでしょうか。
私はこの映画に強烈な影響を受けてまして、スキーは勿論、セリカGT-fourとかオフホワイトのステンカラーコートとか、社会人になったら絶対に買う!と心に決めたアイテムが多々ありました(笑)

投稿: speedster | 2012/02/14 21:35

神保町は相変わらず~スポーツ用品もスキー一押しというよりはふっ~のスポーツ用品扱いという感じ。なんかかるた専門、レコード専門、と趣味満載の町です。息子が鉄道雑誌専門?(普通の本もある)の本屋へ通っています。実家が近いし妹は神保町の高校へ行ってました。
セリカは一世風靡した車でしたね。なつかしい
今はカレー屋さんが沢山あるので有名よ~

投稿: matti | 2012/02/15 15:15

>mattiさま

実家が神保町の近くなんですか。江戸っ子ですねえ。
セリカGT-fourは当時のWRCでも好成績を出していたので私の周辺では憧れの車でしたけど、あまりにも高価なので高根の花でした。そこで安価なセリカGT-Rで妥協するとただのナンパ野郎になってしまうという恐ろしい車でもありました(笑)

投稿: speedster | 2012/02/17 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/53943813

この記事へのトラックバック一覧です: スキーの思い出:

« 読書の早春 | トップページ | 臨海 Forever »