« 右肩の経過報告記 | トップページ | DAKKAN »

2011/12/20

第91回天皇杯4回戦清水-千葉(アウスタ)観戦メモ

今年急逝された真田雅則氏の追悼試合。
あらためまして心よりご冥福をお祈りいたします。
Dsc00406
------------------------------------
12月17日(土) 第91回天皇杯 4回戦
清水 2 - 0 千葉 (15:00/アウスタ/6,855人)
得点者:49' アレックス(清水)、62' 伊藤 翔(清水)
【主審】木村 博之【副審】安元 利充/石川 恭司
【天候】晴 6.3℃ 51%
------------------------------------
例年リーグ戦最終節がシーズン最終戦となっていたジェフにとって12月中旬に公式戦があること事態が想定外。
これは情けないままに終わってしまった2011年リーグ戦に対して神様からの思し召し・・・
いや、9月に急逝された真田さんに縁のある2チームを引き合わせた神様のいたずら、
とまあいろいろ考えながら清水に向うことにしました。

前回清水に来た2009年5月のリーグ戦では土砂降りの雨でしたが、この日は晴天。
アウェイゴール裏のコンコースの階段踊り場から見る駿河湾と富士山の美しいこと。

キックオフは太陽が大きく傾いている15時。
冬の晴天の夕方の日本平といえば、2007年のジョルジェビッチ
この日もコイントス前に勇人と岡本が何やら相談していたらしいとの目撃情報がありましたが、おそらくコイントスに勝ったら逆サイドを選択するつもりだったのでしょう。
しかし、残念ながら通常サイドのまま、ジェフのキックオフで試合開始。

前半はぬるっと試合に入ってしまったかのような清水に対してジェフがボールを保持して押し込む展開。
丁寧に最終ラインでボールを繋ぎサイドチェンジを繰り返しながら相手のDFラインの裏を突く攻撃の意図は伝わってきました。
試合後にお話を伺った清水サポの方によると、今シーズンの清水はラインを高く保つ監督の指示の中で裏を取られ易いのだとか。
その辺りのスカウティングの成果なのでしょうか、裏への意識が非常に高い攻撃を繰り返して、決定的なチャンスも演出できていました。

でも、決められない。

この試合はJ1クラブに対してJ2の6位チームが格下として戦う以上、勝利を得るためにはどうしても先制点が欲しいところですが、思い通りの試合運びをしておきながらゴールが奪えないのは実力不足としか言いようが無く、そのうち試合時間が経過する度に清水に押し返される時間が増えてきます。

後半開始直後、深井がドリブルでDF裏に抜け出し決定機を作り出しましたが、PA内に進入した辺りで二人のDFに挟まれシュートも打てず、これが最後の決定機だったかなあと。

その後は恐らくハーフタイムに檄が飛んだであろう清水が一気にボールを支配し始め、ジェフのミス絡みでポンポンと2ゴール。
いずれも、シュートを打たれるちょっと前の場面でジェフが致命的なミスを犯していただけにもったいない感じもしましたが、これがチームの実力ということでしょう。

0-2となった段階で、ジェフには反撃するだけのパワーも無く、ほぼ無抵抗のまま試合終了。
2011年シーズンの最終戦は静かに終わってしまいました。

敗戦による寂しさはありましたが、終了後に村井、茶野、林、ファンゲッセルの4人に思いっきり声援を送ることが出来たし、妙にスッキリしたような、区切りがついた気分で日本平の山を下山してまいりました。

さて、これまで清水には車でしか行ったことが無かったのですが、今回は訳あって電車での遠征でしたので、簡単にまとめてみます。
自宅から南武線で武蔵小杉に出て、熱海までスーパービュー踊り子に乗車。
20111217
温泉旅行気分一杯の車内の雰囲気に負けじと、午前中からビールを煽りいい気分。
11時頃に到着した熱海ではちょっと早めのランチタイム。
駅前の古びたビルに入っている「まぐろ屋」で上まぐろ丼(数量限定)800円をいただく。
お腹も満たされ商店街を軽く散策したあと、在来線各駅停車でのんびり清水入り。
駅からは迷うことなくスムーズにシャトルバスでスタジアムへ。この辺はさすがJ1仕様の運営です。

試合終了後は会社の同僚の繋がりでお知り合いになった柏サポと清水サポのご夫婦と合流して、これまた初めてお会いしたジェフサポの方も含めた4人で、新清水駅近くのお店で地元の魚料理を美味しいお酒と共に堪能させていただきました。
2011121701
2011121702
2011121703
基本的にアウェイ遠征ではあまり地元料理を堪能することが無いので、個人的には新境地という感じでありました。

帰りは若干電車が遅れるトラブルもありましたが、在来線各駅停車を乗り継ぎながら日付が変わったころに帰宅。

今年は昨年以上に勝てない遠征だらけではありましたが、来年はどうなることやら。
と言いながら、2012年も懲りずにいろんな場所に顔を出せるシーズンになればいいなあ。。。

|

« 右肩の経過報告記 | トップページ | DAKKAN »

コメント

観戦応援お疲れ様でした。アウェイ参戦での地元料理満喫マジ羨ましい限りですね!
来シーズンもアウェイ参戦楽しんで下さいね。

投稿: 下駄の親父 | 2011/12/20 05:58

日本平は大好きなスタジアムの一つなので行くことにまずワクワクしました。途中日が陰ってから突然寒くなるまでは、ジェフもよくやってましたよね。リーグでもここ3、4年ほど失点の前にかなり確信するくらいのミスをするというのがお決まり。情けないけどあれをどうにかしないとね。負けたわりにはさばさば帰りましたが悔しいって思わないのもどうなんかなあと今になって反省です。 

投稿: かぴたん | 2011/12/20 07:43

翌日の報告会でいらした方より試合内容聞きました。先制していれば勝利をたぐりよせていたかも・・・
素敵な御食事でリフレッシュできたかしら?
私は報告会(6時50分家出!)と人生初試合日以外のユナパデビューでした。

投稿: matti | 2011/12/20 19:54

>下駄の親父さま

コメントありがとうございます。
来シーズンもアウェイ参戦できるようがんばります。

>かぴたんさま

コメントありがとうございます。
そうですね、負けた試合はたとえ相手がバルサであっても悔しいと思わなければ・・・
この悔しさをエネルギーにして勝てるようになりたいです。

>mattiさま

コメントありがとうございます。
報告会&ユナパに行かれてたのですね。
来シーズンどんなチームになるのか分かりませんが、1試合でも多く勝てるチームになってくれれば私は文句はありませぬ・・・

投稿: speedster | 2011/12/20 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/53524594

この記事へのトラックバック一覧です: 第91回天皇杯4回戦清水-千葉(アウスタ)観戦メモ:

« 右肩の経過報告記 | トップページ | DAKKAN »