« 2011J2第16節千葉-岐阜(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2011/6/26 »

2011/06/20

2011J2第17節横浜FC-千葉(ニッパツ)観戦メモ

次がある次があるじゃ、勝てねえんだよ!
Dsc00299
------------------------------------
6月19日(日) 2011 J2リーグ戦 第17節
横浜FC 1 - 1 千葉 (18:03/ニッパ球/7,012人)
得点者:61' オーロイ(千葉)、86' カイオ(横浜FC)
【主審】野田 祐樹【副審】八木 あかね/中野 卓
【天候】曇 21.4℃ 76%
------------------------------------
左ワイドの深井が対面のDFに背後からボールをかっさらい、1回転しながらボールをキープして独走。27番のCBを十分引き付けてから中央のオーロイにパス、オーロイは丁寧に足でゴールネットを揺さぶり先制。
それまでの試合展開がうまくいってなかったストレスを一気に昇華するかの如く、ゴール裏は歓喜の大爆発。
オーロイは抱きついた深井を抱えたままゴール裏に向かって一直線に走り込むもんだから、更に大爆発。

待望の先制点をやっと奪った。
けど、冷静に自分の腕時計を見ると、もうちょっとで17分になろうとしている頃。
「あと30分か・・・」

この試合の本当の勝負は、オーロイのゴールで先制してからの32分間でした。
1-0になって、残り30分。
横浜FCは先発のカズに代えて西田を投入して、前線をパワーアップ。

ここでジェフはどうするか。
何度もアウェイ側ベンチに視線を送るも、メインスタンド下のアップルームから控えの選手は出てこない。

1点を守りきり1-0でこの試合を終わらすのか。
それとももう1点奪って横浜FCの戦意を喪失させるのか。

このシンプルかつ難しい決断をドワイト監督が下せないのか、ベンチは全く動かない。

確かに、スタメンはボランチにファンゲッセル、右ワイドに大介を配置したどちらかと言えば守備重視のメンバー。
横浜FCはFWカイオがボールを受けに下がってくるので、体格的にファンゲッセルをボランチに配置した方が安心感はある。動かないという事は、そのままの布陣で耐え切れ、というメッセージだったかもしれません。

すると、81分横浜FCはDFを一枚削って、MF八角を投入。それまで、ボランチの位置で守備に汗をかいていた寺田を守備から解放して、更に攻撃のシフトアップ。

横浜FCがリスクを負って前掛りになっている以上、ジェフが動くとすればこのタイミングだったのかもしれません。大介→林と、オーロイ→久保の交代で前線の運動量を増やしてボールキープさせれば何とかなる・・・と考えていた矢先の86分、ゴール前の混戦からカイオに押し込まれ同点。

3分のアディショナルタイムに入ってから、林と福元が呼ばれやっと攻撃のシフトチェンジかと思ったものの、交代のタイミングがCK守備だったため、福元はベンチに戻り林だけ投入。
どうにも中途半端なベンチワークをあざ笑うかのように、横浜FCの攻撃は加速して西田にダイビングヘッドを決めかけられるもののクロスバーのファインセーブに助けられ、ヘロヘロ状態でタイムアップ。
「今日はこの位で勘弁したるわ」と負け惜しみの強がりも出ないくらい残念な勝ち点1でした。

この試合、前述の通りベンチワークに不満が残ったし、主審の判定にはもっと言いたい事がありますが、何はともあれ負けなくて良かったなと。
徳島戦や草津戦でもそうでしたが、J2各チームはジェフとホームで対戦する際は、尋常ならざる気合いと準備を積み重ねて臨んできます。
ジェフとのホームゲームはそのシーズンのベストゲームと言えるくらいの闘い方をしてくる事は2010年シーズンで十分学習したはず。
それに対して、どう立ち向かうか。
そこが全く整理しきれていないような試合をしてしまい、非常に気分が悪いです。

もっとしたたかに、もっと嫌らしく、もっと泥臭く勝利に執念を燃やさないと、いつまでたってもアウェイでは勝てないでしょう。
2003年から2006年のジェフの全盛期、四つん這いになりながらボールをキープする坂本、リードしている試合終盤に簡単にシュートしてしまいオシムに激怒される巻の姿を見ている者としては、昨日の闘い方はとても納得出来るものではありません。

奇しくも次節は得失点差ながら首位を奪われた栃木との試合。

残念ながらオーロイは累積警告で出れませんが、チーム全体で勝利への執念を見せるしかないでしょう。
絶対にJ1に行くという気持ちを、選手もスタッフもサポも、フクアリで出し尽くして勝ち点3と首位を奪ってやりましょう。

|

« 2011J2第16節千葉-岐阜(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2011/6/26 »

コメント

後半オーロイ得点時いける!と思ったのですが、蒸し暑かったせいか足が止まってしまい、押し込まれましたね。ゴール裏からの遠いところでのプレーでごちゃごちゃしているとボール吸い込まれてしまった・・・西田難波って去年もひどい目にあわされたじゃん。(浜言葉)くやしいよお。試合の締め方に課題表出。次がある~は懐かしい名言ですわ。勝ち点1ではなく、マイナス2のような気持ちです。

投稿: matti | 2011/06/20 23:24

>mattiさま

コメントありがとうございます。
西田と難波がサブメンバーと知った入場前から、こりゃ後半勝負だなと覚悟しておりましたが、その通りになってしまいましたね。
まあ、今回の勝ち点1がシーズン終盤に大きな価値となる!かも、と前向きに考えて、次節がんばりましょう!

投稿: speedster | 2011/06/21 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/51998755

この記事へのトラックバック一覧です: 2011J2第17節横浜FC-千葉(ニッパツ)観戦メモ:

« 2011J2第16節千葉-岐阜(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2011/6/26 »