« 2011J2第1節北九州-千葉(本城)観戦メモ | トップページ | 最初からそうやっとけば・・・ »

2011/03/15

負けてたまるか!

今、単身赴任先の福島県の別宅でこのエントリーを書いています。

皆さま、このたびの震災ではご無事だったでしょうか。
今回は過去に経験した震災とは比べ物にならないくらい広範囲で甚大な被害が出ておりまして、未だ安否不明の知人友人親戚等がいらっしゃる方も多数いらっしゃることでしょう。

心からお見舞い申し上げます。

地震発生時、私は福島県中通り地方の職場におりまして、尋常では無い大きく長時間続いた揺れに遭遇しました。
幸い建物は崩壊しませんでしたが、事務所のデスクの上の物はすべて床に散乱して、天井からは空調カセットが落下し、非常に怖い思いをしました。

その後、社員や家族の安否確認と建物の被害状況を確認しながら、長期戦に備えて食べ物の調達等を行いながら、その日の夜は社員全員とその家族、近所の住民も含めて、まとまって過ごしました。
でも、緊急地震速報と共に次から次とやってくる大きな余震に、この世に神さまはいないのかと怒りを覚えながら、ほとんど眠れぬまま朝を向かえました。

翌12日、テレビから流れるショッキングな映像に唖然としながら、周辺地域の状況を確認して、必要最低限の社員を残して帰ることが出来る社員は一旦自宅に帰ることにして、同僚の自動車に便乗して夜に東京の自宅に帰ってまいりました。

その後、13日、14日と東京の自宅で過ごして、本日15日、ガソリン満タンの自家用車で再び自家用車で福島県の会社へ戻ってきました。
会社周辺の状況は地震発生直後とほぼ変わらず、電気・ガスは生きているものの水道が使えず、更に周辺のガソリンスタンドはすべて閉鎖し、食糧調達も難しい状況となっています。
更に、福島第一原発も事態が悪化しており、避難指示地域から遠く離れていますが、今後の状況次第で脱出も視野に入れておかなければなりません。

今回の震災では全てのテレビ放送局で非常に悲観的な報道が続き、東京電力の記者会見では感情的になった報道関係者が寝る暇もなく必死に頑張っている東京電力社員を吊るし上げるような罵声を浴びせる場面が流れ、耐えられずテレビを消すこともありました。
しかし、今日、東京から福島県まで一般道を車で走りながら、栃木や福島の地元AMラジオ放送を聞くと、パーソナリティーもリスナーも互いに励まし合い、前向きに明るく放送をしている姿に非常に勇気付けられました。

こんな甚大な被害にあっても、必至に生きようとする人々がたくさんいます。
絶対にあきらめてはならないと、互いに励まし合いながら、地域の絆を深めてピンチを乗り越えようとしている人達がいます。

我々がこの大ピンチに立ち向かうために必要なのは、この前向きな気持ちであることを改めて認識しました。

負けてたまるか!

大丈夫。絶対、絶対、乗り越えられます。

上を向いて、互いに励まし合い、がんばりましょう。

|

« 2011J2第1節北九州-千葉(本城)観戦メモ | トップページ | 最初からそうやっとけば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/51128670

この記事へのトラックバック一覧です: 負けてたまるか!:

« 2011J2第1節北九州-千葉(本城)観戦メモ | トップページ | 最初からそうやっとけば・・・ »