« 2010J2第14節千葉-東京V(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 11年前の悲劇を繰り返してはならない »

2010/05/25

過剰な期待をかけられるより全然マシ。がんばれ岡ちゃん!

5月24日(月) キリンチャレンジカップ2010
日本 0 - 2 韓国 (19:20/埼玉/57,873人)
得点者:6' パク・チソン(KOR)、90+1' パク・チュヨン

W杯前の国内最後のテストマッチ。
行ってみようかなと思ったらチケット完売てことで、テレビ観戦。

前半の韓国は予想通り激しく来ましたねえ。まさしく肉弾戦。
もうまるで、100mダッシュを永遠に繰り返すがごとく、激しい運動量と激しいフィジカルで一気に日本に襲いかかったかのようでした。

6分のパクチソンのゴール。あれは、しょうがない。京都サンガからマンUのレギュラーまで上り詰めた彼を誉めるしかないでしょう。
確かに彼のドリブルに対して、激しく行かなかった日本の守備にも問題がありましたがね。

ただね、この失点と、韓国の激しいフィジカルにブチ切れた日本のプレーヤーが一人だけ居ましたよ。
それは長友。
パクチソンとの激しいチャージの応酬の末にボールを奪い置き去りにしたと思ったら、そのパクが猛ダッシュで長友を追いかけて思いっきりバックチャージを仕掛けるも、それにも負けなかった長友の勇姿に男を感じましたね。

やっぱり、W杯ともなるとこれくらいの気持ちで闘わないとダメなんですよ。
たとえ日本らしいプレーが出来なくても、こういう闘う気持ちを全面に押し出して、泥臭く頑張る選手には心が揺さぶられるし、応援したくなるもんです。

後半は、飛ばしすぎた韓国の運動量が落ちたためか、日本もチャンスを作ってましたが決めきれないまま、カウンターでPKを取られて2失点目、万事休す。

史上最強と言われる韓国相手に0-2の完敗でした。

満員のホーム埼スタで韓国相手の完敗は、日本のサッカーファンにとって辛すぎる結果です。
韓国に対しては何時如何なる試合であっても負けちゃいけない。W杯なんて関係なく、韓国だけには負けちゃいかんのですよ。
今日は韓国に完敗した事だけ、残念です。

で、これからのW杯に向けてちょっとだけ。

ここに来て、いろんなメディアが「岡田やめろ」の声を拾いはじめてます。
岡ちゃん本人もJFA会長に進退伺いしたなんて言い出してるし・・・

犬飼JFA会長は岡ちゃんに「やれ」と言ったらしいですが、昔々の西武ライオンズ堤オーナーの「監督、やりたきゃやれば」発言を思い出しました(苦笑)

岡ちゃん。

気持ちは解るけど、ここで下を向いている場合じゃないよ。
「監督、やりたきゃやれば」と言われた森祇晶監督は、次のシーズン奮起して優勝したじゃないですか。
それくらいの意地、見せたりましょうや。南アフリカで。

W杯本番まで約3週間。闘う準備には十分すぎる時間です。

世界を驚かす前に、日本中を驚かせましょう!
応援してますよ!


えーと、私もつい最近まで、代表に対して非常に冷めた見方しか出来なかったのですが、どうにもへそ曲がりな性格なもんで、世間の代表バッシングが大きくなると逆に応援したい気持ちが強くなっております(笑)

まあ、せっかく4年に1度のお祭りに参加できるのですから、悲観するより楽しみましょうよ。

|

« 2010J2第14節千葉-東京V(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 11年前の悲劇を繰り返してはならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/48451422

この記事へのトラックバック一覧です: 過剰な期待をかけられるより全然マシ。がんばれ岡ちゃん!:

« 2010J2第14節千葉-東京V(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 11年前の悲劇を繰り返してはならない »