« 2010J2第2節千葉-鳥栖(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2010/3/28 »

2010/03/22

2010J2第3節徳島-千葉(ポカリスエットスタジアム)観戦メモ

我が人生初の四国上陸でしたが・・・
Dsc02298
------------------------------------
3月21日(日) 2010 J2リーグ戦 第3節
徳島 3 - 1 千葉 (13:04/ポカリスエットスタジアム/4,546人)
得点者:15' 平繁龍一(徳島)、54' 津田知宏(徳島)、57' 柿谷曜一朗(徳島)、81' オウンゴ-ル(千葉)
【主審】今村 義朗【副審】大西 保/聳城 巧
【天候】晴 14.8℃ 25%
------------------------------------
さて、なにから書きましょうかね。
まあ、逃げる訳にもいかないので試合のことから。

ブーイングも出来ず、拍手も出来ず。試合終了後はうなだれる選手をただ黙って見つめるだけという昨年と全く同じ感情しかありませんでした。
各所でジェフサポの皆さまが記されている通り、結果は正当なも。
尋常じゃない強風も、空が黄色に染まるほどの黄砂も、ボコボコのピッチも、アップルームも無い貧弱な設備のスタジアムも、ジャッジが不安定な主審も、全部敗因とは考えられません。
臨海時代は強風と荒れたピッチをホームアドバンテージとしていたのに。

現在のJ2において、ジェフ(と柏)がその他のクラブにとってどんな存在で、どんなライバルなのか。1秒考えるだけでもすぐに理解できる事ですが、ならば我々はどうすべきか、て事が実践できていない。
ていうか、敵の軽いジャブに慌てまくって自滅という試合でした。

前節の鳥栖戦のビデオを見れば、ジェフの攻略法なんて素人だって理解できるのに、鳥栖戦と全く同じスタメンで同じ闘い方をしちゃったら、どんな強いチームだって勝てないでしょう。
しかも、鳥栖の松本監督が前節のプレスカンファレンスで、他のJ2のチームに対して大量の情報を発信したにもかかわらず、ジェフは前節と同じ闘い方をしてしまった。
これは余程現在のチーム状況に自信を持って徳島に乗り込んだのか、どんなにスカウティングされようが徳島如きに負ける訳がないと舐めきっていたか、てことですかね。

試合後に江尻監督はオシム語録ばりに「どの選手が良かったかと振り返っても一人もいなかった、それが一番僕にとっては救い」なんてコメントしていますが、それは自分自身も含めてと言う事でお願いします。
まずは、対戦相手をしっかりとスカウティングしないと。それが出来ないというなら、出来る人材を連れてきてください。
これまでの3試合を見る限り、明らかに戦術面で完全に負けています。
これだけ大勢の選手を抱えているクラブですから、こんな結果が続くと試合に出れない選手が何を考えるか、素人の私が心配しなくても十分理解出来るはずです。

今年は1試合、1分、1秒たりとも楽な試合は絶対に無いと考えて次節草津戦は総力戦で勝利にこだわって闘って欲しいと願うだけです。

ところで、今回の遠征は車で0泊3日の弾丸ツアーでしたが、やっぱり疲れました。今はただただ眠いの一言です。
20日夜からの大荒れの天候により、徳島まで到着出来なかったり飛行機の到着地変更でルート変更を余儀なくされながらも徳島へ向かったジェフサポもいらっしゃったとの事で、いろんな意味でジェフサポ魂を試された試合となってしまいましたが、遠征された皆さま本当にお疲れさまでした。

試合前のゴール裏でコールリーダーが盛んに「ここに来れなかったジェフサポの仲間達の分まで・・・」と話されていましたが、その時頭の中を駆け巡ったのがこのチャント
きっと福岡サポは、この程度のトラブルを何度も乗り越えているからこそ、こんなチャントが出来たんだろうなと勝手に推測しております。

私は、車だったのでほぼ予定通りでの遠征でしたが、以下は自分の為の振り返りです。
今回の遠征も次男と二人旅。
出発は20日22時、東名→伊勢湾岸道→新名神→中国道→山陽道→淡路鳴門道のルートで、到着は21日9時。途中渋滞は全く無かったものの、ほぼ全線で強風による速度規制があり、名古屋付近では強烈な雨と雷に遭遇し、必死にハンドルを握っていたためか肩がバリバリ。
朝9時にスタジアム駐車場に入ったものの強風で寒いのでしばらく車で休憩。そこで「地元のラジオで天気予報でも」と思い、FMラジオを聞くとちょうど「ラジオ版学問ノススメ」が。我らが蒲田健氏の番組である事はずっと以前から承知していたものの、実際に聴取したのは初めて。アウェイの試合前に偶然にも蒲田さんの声を聞けたのは吉兆であると信じていたのに・・・
スタジアムでの食事はうどんとたこ焼き。どちらも美味しゅうございました。
試合後は素早く四国脱出と思ったら駐車場で、あるジェフサポに声を掛けられ、どうやら車のバッテリーあがりで助けて欲しいとのこと。そんな事ならと(実はバッテリーあがりで数年前に新品交換したので元気な)愛車のバッテリーのパワーをお裾分けして問題解決。互いに気をつけて帰りましょうと声を掛け合い、おかげで敗戦後の後味の悪さがかなり薄まりました。
帰りは淡路島南SAと淡路SAで観光とお土産タイム。
淡路SA(正確には淡路ハイウェイオアシス)では、昨年9月の神戸遠征で見た景色と反対側の景色を堪能。「来年は絶対に対岸のホムスタで試合したる・・・」と決意。
Dsc02303
明石海峡大橋を渡ったあと、垂水JCTでナビの誘導に素直に従っていたら大渋滞中の第二神明道路と阪神高速に突入。わざわざ追加料金を払って大渋滞中の道路に導くナビを責めるより、帰りのルートを予習せずにナビ任せにした事を反省・・・
その後は、阪神高速→名神→中央道のルートで東京へ。
途中、関ヶ原付近と中央道の長野県内で雪が降ってきて、かなりビビりながらの運転でしたが、たびたび仮眠で睡魔を攻略しながらやっと東京へ、と思ったら八王子IC直前で大規模な事故のため渋滞。ちょっと時間帯がずれていたら自分がこの事故に巻き込まれたと思うと眠気も吹き飛び、やっと22日4時に帰宅。
往路で11時間、復路で13時間、徳島滞在6時間の遠征でした。

次回の遠征予定は4月の栃木戦。のはず。(行くかどうか決める前にチケットを購入したので・・・)
仕事の状況により行けるかどうか分かりませんが、餃子を堪能するべく交通手段は車以外と言う事だけ決めています。

|

« 2010J2第2節千葉-鳥栖(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2010/3/28 »

コメント

ドライバーがお一人ということを考えると かなりな強行軍でしたね。お疲れさまでした。
我が家は 羽田からとぼとぼ帰宅組になっちゃいました。
とぼとぼといっても 電車は止まってるし 大変でしたけども。
昨季からの「肩を落として帰り道」がまったく変わらず もうどうなってしまうのか不安です。
エジさんの采配が悪いとブンむくれのダンナと「そんなこと言わずに応援しようよ」という私はこのところ週末になるとケンカです。

投稿: かぴたん | 2010/03/23 00:20

>かぴたんさま

コメントありがとうございます。
あらら。かぴたんさんもいろいろ大変でした。
なんか昨年の続きのような辛い遠征となってしまいましたので、(強制的にでも)帰宅された方が勝ち組だったかもしれません。
確かに采配的にどうか、ていうのもありますが、もうリーグ戦は始まってるし我々は応援しか出来ないですからね。
J1復帰と家庭内平和のために、全てを信じて応援しましょう!

投稿: speedster | 2010/03/23 07:16

すごい強行軍ですね。お疲れをためぬようにね。東京も暴風でうるさい晩でした。J2になる今季は映像が本当に少なくて・・・詳細が不明です。来週はフクアリへ参ります。3節の敗戦がシーズン振り返ったときに春の椿事であればよいのですが、J2は厳しいところのようです。元柏の佐藤由紀彦選手がJ2は魂のみがかれるところと表現されていましたが・・・この言葉は本当に重たいですね。
matti家もなぜか栃木戦のチケットは入手済み。関東近辺アウェイはなるべく駆けつけたいですね。

投稿: matti | 2010/03/24 22:41

>mattiさま

コメントありがとうございます。
様々なジェフサポblogで飛行機や電車での苦戦された様子を知る事が出来ました。結果論ですが私らは車で行った事が幸いしたようです。
グリスタは改修中の為、スタンドが縮小されているとの事で発売日に購入しました(笑)
まあ、J2では比較的近場ですのできっと多数のジェフサポで埋まることでしょう。
次節は絶対勝てるように頑張りましょう!

投稿: speedster | 2010/03/25 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/47881161

この記事へのトラックバック一覧です: 2010J2第3節徳島-千葉(ポカリスエットスタジアム)観戦メモ:

« 2010J2第2節千葉-鳥栖(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 今日のガマちゃんver.2010/3/28 »