« 2009J1第34節G大阪-千葉(万博)観戦メモ | トップページ | たそがれ中 »

2009/12/09

去りゆくあなたへ贈る言葉

ちょっと遅くなってしまいましたが、12月6日未明に発表された契約満了の選手へ贈る言葉。

契約満了選手のお知らせ(公式)
リザーブズ 契約満了選手のお知らせ(公式)


エディ ボスナー 選手へ

最終節前に移籍報道があったので、今回の発表はある程度予測できました。
2年前、これまで1シーズン未満で数多くのクラブを渡り歩いてきた経歴を見たとき、ジェフに何年居てくれるのだろうかとやや不安になった覚えがあります。結果2年間黄色いユニを身にまとい、Jリーグの主審の判定基準に戸惑いながらしっかりと闘ってくれたことに心から感謝いたします。
CBでありながらその強烈な左足のキックで、2本のFKと1本のPKを決めてくれたこと。そしていつ決めてくれるのかと待ち焦がれていたCKからのヘッドも今年の新潟で決めてくれたこと。決して忘れません。
国籍が豪州という事もあり、Jのクラブではいろいろオファーがあるとは思いますが、次の所属クラブでも活躍される事を、そしていつか豪州代表として世界の舞台で活躍される事をお祈りしております。
エド、ジェフに来てくれてありがとう。


下村 東美 選手へ

これまでのジェフの歴史の中で最も辛い時期に主将としてチームをまとめてくれて、本当にありがとう。
そして何より、逃げずに背番号6を付けてくれたことも、心から感謝します。
東美が6番を背負ってくれなかったら、私たちはそれまでの6番の亡霊としばらく闘わなければならなかったでしょう。
イケメンでクールな外見とは裏腹に、勝利の瞬間にピッチに突っ伏して号泣した2007年ホーム甲府戦、絶対に諦めていませんと絶叫した2008年ホーム京都戦での熱い姿には私も感動しました。
果敢に打ってもなかなか枠に飛ばないミドルシュートも、今年のアウェイ大分戦では見事にネットを揺らし決勝点となった試合に立ち会えたことは私の宝物です。
今年はなかなか思うようにプレー出来ず、スタンドからも辛辣な言葉が飛び、さぞかし苦しく辛かっただろうと思います。でも、不得意な役割を任されても逃げずに果敢に挑戦してくれて、チームに闘う気持ちを注入してくれた姿は、私の心の中にしっかりと刻まれています。
今日9日は長居でトライアウトに参加されているとのこと。
きっと東美を必要とするクラブはあるはずです。次の所属クラブでもご活躍される事をお祈りしております。
東美、ジェフに来てくれてありがとう。


新居 辰基 選手へ

一度はサッカーを諦めかけたであろう辛い過去から見事に這い上がり、J2日本人得点王の肩書を引っ下げてジェフに来てくれてから3シーズン。
確かに数は多くは無かったけど、ジェフで決めてくれたゴールは全て記憶に残る素晴らしいものばかりでした。
2007年ホーム磐田戦、2007年アウェイ新潟戦、2008年ホーム大宮戦、2008年ホーム東京戦、全て大事な試合の大事なゴールばかり。
しかも、どれも美しい。
そして今年のホーム京都戦。この試合での新居の涙は、最も印象的でした。
2009年前半は出場時間が短く、監督交代後のシーズン後半は試合に出てもボールが来ない。
それでも新居はストライカーにこだわり続け、たとえDFラインの裏にパスが出てこなくてもライン上でボールを引き出す動きを繰り返す。チームミッションとしてポスト役をこなす。
そんな中でやっと生まれた今期初ゴール。
京都戦での涙はFW、ストライカーにこだわり続けたが故に辛かった時間があったからこそなのでしょう。
新居にとってジェフの3年間はどのような時間だったか私には分かりませんが、私にとってジェフの新居は間違いなくヒーローでした。
次に所属するクラブでもFW、ストライカーにこだわりゴールを量産できる事をお祈りしております。
新居、ジェフに来てくれてありがとう。


佐伯 直哉 選手へ

坂本と同い年のベテランボランチとして、出場機会は少なかったものの、陰でジェフを支えてくれた功績は、今後の若手選手の活躍で報われる日が絶対に来るはず。
時間は短かったけど、黄色のユニを着てくれた事は決して忘れません。
佐伯、ジェフに来てくれてありがとう。


島津 虎史 選手へ

あなたの姿をスタジアムで拝見する機会は無かったけど、ホーム最終戦の前、ユナパでのサテの練習で真田コーチのキュインと曲がるシュートに食らいつく姿をお見かけしました。
出場機会に恵まれなくても腐らず真剣に練習に取り組む姿は、若い選手、特に中牧にとって非常に大事な存在であったと思います。
今後も真摯にサッカーに取り組むあなたを応援します。
虎史、ジェフに来てくれてありがとう。


市原 充喜 選手へ

FWとしてジェフに来て、ほどなくDFにコンバートされ頑張ったミツキ。
何度も怪我に泣かされながらも、ジェフクラ・リザーブズで耐え続け、2008年にトップチームに戻ってスタメンで出場したホーム神戸戦で躍動する姿は今でも覚えています。
最も印象的だったのは、今年の天皇杯。
90分間と延長の30分間、柏の攻撃を弾き返し続け失点ゼロを成し遂げて挑んだPK戦。1番手のキッカーで外してしまったのは残念だったけど、サッカー選手として、人間として、かけがえの無い貴重な経験をしたと思います。
今後もサッカーを諦めずに、挑戦し続けてください。
ミツキ、ジェフに来てくれてありがとう。


山中 誠晃 選手へ

今年のリザーブズの試合を何試合か見てて、金沢に続きトップに上がってくる選手は山中だと信じていただけに、残念な思いでいっぱいです。
今年の天皇杯で見せてくれた集中力と気迫があれば、今後もサッカー選手としての活路は拓けるはず。
それから、2008年サポフェスでの「さくら独唱」には勇気をもらいました。あまりにも辛すぎるシーズンオフの後、ジェフがどうなってしまうのか不安だらけの状況で、我々サポを楽しませようと一生懸命歌ってくれた君の歌声にどれだけ励まされたか。本当に心から感謝しています。
これからもサッカーを諦めず、走り続けてください。
セイコー、ジェフに来てくれてありがとう。


高田 健吾 選手
乾 達朗 選手

二人とも久しぶりのユースからの昇格選手として、ジェフの希望として期待していただけに、残念です。
リザーブズではコンスタントに試合に出場していましたが、改めてサッカーの難しさ、プロの厳しさを感じたと思います。ここで負けることなく挑戦し続けて、もう一度サッカーで輝いて欲しいと切に願っております。
大丈夫。この2年間の経験は絶対に無駄になる事はありません。
これからもサッカーを諦めず、走り続けてください。
高田、乾、ジェフに来てくれてありがとう。

|

« 2009J1第34節G大阪-千葉(万博)観戦メモ | トップページ | たそがれ中 »

コメント

speedster様UPありがとうございます。
下村選手トライアウトの写真は胸が痛みました。キャプテンとして2年間降格争いのなかで支えてくださって有難うの一言です。繊細な人なのでは?次のチーム早く決まることを願っています。対戦してもブ~はできないわ。
みつきに関してはたびたび書き込みさせて頂きました。怪我がち、あとTOPの事情でポジションが下がっていき・・・本人も同期退団で悔しさもあるだろうしTOPへ戻るのを待ってました。2007年アウェイ浦和戦、大さん退場後守りきってましたよね。やれば出来る子のはず。育成の失敗?ユースの2人もリザーブス送り、2年で解雇(下村選手の写真に一緒に写ってます)では地元での評判が心配、父兄としてみた時にね・・・育成、リザに関してはサポカン用にメールしました。個人名あげませんが
苦しい今季を一緒に戦った戦友の気分です。早くサッカー出来る場所が見つかるとよいですね。

投稿: matti | 2009/12/10 13:35

>mattiさま

コメントありがとうございます。
あの写真の東美の表情は直視できないくらい切ないですね。
こういった事も含めてサッカーである事は十分理解しているし、これまで何度も経験しているのですが、辛いです。
明日のサポカンではその辺の疑問に対する回答があると思いますが、まずは冷静な話し合いとなる事を望むばかりです。

投稿: speedster | 2009/12/12 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/46980935

この記事へのトラックバック一覧です: 去りゆくあなたへ贈る言葉:

« 2009J1第34節G大阪-千葉(万博)観戦メモ | トップページ | たそがれ中 »