« 久々の勝利であまりにも気分が良かったもので、つい・・・ | トップページ | 2009J1第31節川崎-千葉(等々力)観戦メモ »

2009/11/04

ワーストルーザーねえ

ヤマザキナビスコカップFINAL、今年も見事な快晴でしたねえ。
昨年だったかな、余りにもナビスコFINALで快晴の日が多いので、雨が降った年っていつだったかなと思い返したら、2003年は雨でしたねえ。
まあ、その年のWINNERがどこだったかと見ると、妙に納得したのですが(笑)

ただ、その前年の2002年からその某クラブがFINALに連続して出てくれたお陰で、この試合がJで最も晴れやかなイベントになったのは事実だと思います。
それと、2004年FC東京の初優勝をテレビで見て、本気で羨ましかったし、いつかは自分達もあそこで喜びたいと思ったものでした。(その時は、まさか翌年、それが実現するとは想像すら出来ませんでしたけどね)
そして、それは本当に素晴らしいものでした。
ファイナリストになった時の高揚感と誇らしさ、待機列での緊張感、聖地国立競技場の雰囲気、ホームゲーム仕様の選手紹介、WINNERになった瞬間の歓喜。全ての光景が忘れる事は出来ません。

なので、ジェフがファイナリストになれなくても、可能な限りこの試合は現地で見たいなと思い始め、2008年は実際に国立で大分の歓喜を目撃しておりました。
今年も是非現地でと考えたものの、発売20分で完売のチケットは手に入るはずもなく、不本意ながらテレビ観戦となった次第。

FC東京の皆さま、おめでとうございました。
「下馬評では川崎有利」とフジテレビの副音声で連呼しておりましたが、そんなもんを一蹴するほどの完勝は圧巻でした。
ただ、2-0となった59分以降、昨年の最終節を思い出して若干不安を感じておりましたが、次々と守備的な選手を投入して徹底的に川崎の攻撃を封じる城福監督の「強い意志」と、そのミッションを見事に完遂した東京の選手は本当に素晴らしかった。

我々も是非とも来年こそは・・・
ナビスコカップに出場したいなあ・・・

で、本題。

“悪態”川崎Fに処分も!川淵&鬼武氏が激怒(スポニチ)
Jリーグ、川崎に制裁も…ナビスコ表彰式の態度で(サンスポ)

酷い書かれっぷりですねえ。
私自身、鬼武チアマンに同調するつもりも、川崎の選手を弁護するつもりもありません。
ただ、一つだけ感じているのは、これで”また”川崎の社長をはじめフロントの方々が、様々な「跡始末」をしなければならなくなった事は、クラブとして重たい仕事が出来ちゃったなあと。

指摘を受けた川崎の選手にもいろいろ言いたい事はあるでしょう。
でも、これが社会の仕組みと言うか、プロサッカークラブという事業活動を行う上で非常に重要なことである事は、しっかりと認識しておく必要があるんじゃないかな。
これは川崎の選手のみならず、全てのJリーグ関係者、または全てのプロスポーツ関係者が自ら感じなければならないことだと思います。

だから今回の件は、しっかりと記憶に残さないと・・・と思い、書いた次第。

|

« 久々の勝利であまりにも気分が良かったもので、つい・・・ | トップページ | 2009J1第31節川崎-千葉(等々力)観戦メモ »

コメント

祝福のお言葉をいただき、ありがとうございます。きちんとした内容で勝利を得られた。それこそが嬉しいことでした。

自分たちは、一挙手一投足を注目される存在なのだ、という意識は必要なのでしょうね。

投稿: コール | 2009/11/05 00:20

>コールさま

コメントありがとうございます。
おめでとうございます!
正々堂々、真向勝負での見事な勝ちっぷりでした。
川崎サポの中には、良さを消された・・・なんて嘆いているブロガーさんがおりましたが、いえいえ、そんな印象は全く無かったですね。強いて言うなら、決めるべき時に決めた東京と、決めきれなかった川崎といったところでしょうか。
表彰式で貴チームのキャプテンが9番ユニを着てロイヤルボックスに上がった姿はグッときましたよ。彼は見かけによらず熱い男ですのが、反面繊細な所もある奴です。温かく支えてやってください。

東京の勇ましい闘いに勇気をもらいましたので、今月の東京との対戦まで、何も決まっていないように、次節川崎戦は全身全霊を掛けてがんばります!

投稿: speedster | 2009/11/05 07:02

息子はがっくりして戻ってきました。川崎有利といわれまた選手たちも今度こそTOPを!と思っていたでしょう。
川崎の表彰はTVCM中に終わってしまいその時点では知りませんでしたが、皇族の方やスポンサーの前でのチューインガムはちょっとかばえませんね。悔しい気持ちはわかるのですが・・・ただこれが違うチーム(たとえば一番人気チーム)だったらここまでたたかれたかな?とちょっとうがった見方もしています。川崎にはちょっと協会の当たりがきついような気もします。でもJEF戦の次からがんばってね、と息子に伝えました。東京はスカウティングがいつも的確ですね。すばらしい勝利でしたね。川崎はちょっと単調な攻めとだんだんあせりが~と見受けました。

投稿: matti | 2009/11/08 00:20

>mattiさま

コメントありがとうございます。
ご子息にとって残念な結果でしたね。
>川崎にはちょっと協会の当たりがきついような気も
いやいや、そんな事はないでしょう。
少なくとも高円宮妃久子様とスポンサー様に対して、ガムくちゃくちゃで握手拒否されてしまうと、Jの最高責任者としてはだまっちゃいられないでしょう。メダルを外す行為も弁解の余地は無いと思いますよ。
ちなみに、本日観戦してきたACLのFINALの表彰式では準優勝アルイテハドの選手のほとんどが、メダルを貰った直後に首から外しておりましたけど(苦笑)
東京は石川と長友が不在という事もあって、まずは守備からという意思が明確になってチームとしてまとまっていたと思います。対する川崎は19分の決定機を外してからは前線の個人技頼みに陥り自滅・・・という感じだったと思います。

投稿: speedster | 2009/11/08 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/46675586

この記事へのトラックバック一覧です: ワーストルーザーねえ:

« 久々の勝利であまりにも気分が良かったもので、つい・・・ | トップページ | 2009J1第31節川崎-千葉(等々力)観戦メモ »