« サッカーで受けた心の傷をサッカーで癒してきました(リザ、レディース、そして笠松) | トップページ | 久しぶりのタイアップ企画 »

2009/07/06

2009J1第16節大分-千葉(九石ドーム)観戦メモ

おつかめさまです。
大分、行ってきちゃった。
Dsc01804
------------------------------------
7月4日(土) 2009 J1リーグ戦 第16節
大分 1 - 2 千葉 (19:05/九石ド/19,671人)
得点者:5' 深井正樹(千葉)、7' 高橋大輔(大分)、23' 下村東美(千葉)
【主審】廣瀬 格  【副審】柴田 正利/西尾 英朗
【天候】晴 24.5℃ 70%
------------------------------------
話はゴールデンウィークのとある日まで遡りまして、何となく航空会社のサイトを見てたら定額給付金のおかげで格安になった大分までのチケットを発見。ついでに同じ航空会社のサイトで格安の宿も発見してしまっては、どうするか迷う前に予約行動をしておりました。
ということで、かなりお安く行ってきました大分。
11時半頃の便で羽田を飛び立ち、14時半頃には大分駅前に到着。
とりあえず、羽田からずっと昼食を我慢してきたので駅ナカの適当な店に入って、大分では定番らしいとり天定食でランチ。衣がサクサクして見た目以上の美味さでした。
その後、大分市内をブラブラと思いましたが、満腹感と共に平日の疲れに襲撃されたためホテルに入りちょこっと休憩、一眠り。
頭をスッキリさせてシャトルバスで九州石油ドームに出陣。

初めて行った九州石油ドームは予想以上に素晴らしいスタジアムでした。スタンドからの眺めは新潟のビックスワンと同じ印象で、陸上トラックがあるわりにピッチが見易かったです。
Dsc01807

ただし、芝生は別。
試合前の練習の段階でピッチがボコボコ、穴だらけになっていました。
素人目にも分かる原因としては、屋根の形状による日照不足。まあ、雨の日でも快適に観戦する為の可動式の屋根ですが、芝生側から見ると逆に仇になってしまっている感じです。
それともう一つが、風通しが悪い。現地に行って初めて知ったのですが、ピッチレベルが掘り下げて作られているので下層スタンド最上段のコンコース部分が地平になっているんですね。なので、ピッチ上ではほとんど風が吹かない状態でしょうから芝生の養生には厳しいスタジアムなのかもしれません。

残念ながら、このピッチ状態の悪さが少なからず試合に影響していたし、もっと言うと大分の選手の怪我の多さにも影響しているのかもしれません。

試合は、開始早々いきなり動き出しました。
この試合に何としてでも勝ちたい大分が前掛かりになったその裏を見事に突いて、巻→工藤→深井と繋ぎ先制ゴール。
あまりにもうまく行き過ぎたスタートに若干の不安が残りつつも、まずは喜んでおけと大絶叫。
ところが若干の不安が的中し、家長に右サイドをえぐられマイナスクロスに合わされ同点。ドッと湧き上がるスタジアムの迫力に圧倒されつつも、まだまだこれからと気合いを入れなおして応援に集中。
この日のジェフは池田、福元、和田、青木の4バックに、坂本がアンカー、工藤、東美、谷澤、深井が2列目で巻の1トップという、4-1-4-1の布陣。工藤、東美が大分の2ボランチをガッチリ抑えて、中盤でのボール奪取が上手く出来ていました。
そして飛び出した東美の勝ち越しミドル。
セカンドボールを拾ってスルスルとドリブルを開始した時点で「打て!打て!」と叫んでおりましたが、本当に打って、しかも決めるとは(笑)

後半は高温多湿な中での消耗戦。
とにかく守備の集中を切らさず、冷静にしつこく大分の攻撃を食い止めたジェフの選手に脱帽といった展開でした。途中出場の益山が決定的な場面を決めきれなかったのはご愛嬌ですが、同じく途中出場の米倉と共にそれぞれの役割りをしっかりとこなした事が大事だったと思います。
3分のアディショナルタイムも無事に時計を進めて、見事な勝利、勝ち点3でした。

前節の不甲斐無さが、選手、スタッフ、サポの危機感を呼び起こし、チームとして成果を残した貴重な試合でした。そういう意味でこの勝ち点3は重いですね。
ただ、次節の闘い方次第でこの勝利の意味が無くなってしまいますので、同じ過ちを繰り返さないよう次節も集中して挑みましょう。

最後に、大分についてちょっとだけ。
昨年我々が危機的状況だっただけに、この試合の勝利には正直切なさが残りました。
ここから、残留出来るのか否かはクラブとサポが一丸となって闘えるかどうかに掛かっていると思います。
とにかく最後まで諦めないこと。
そして、信じること。
昨年、地獄の淵をさまよったサポから大分サポへのアドバイスとしてはこんな感じかな。
て、言いながら、テメーの応援するクラブも絶賛残留争い中なのですが(苦笑)

|

« サッカーで受けた心の傷をサッカーで癒してきました(リザ、レディース、そして笠松) | トップページ | 久しぶりのタイアップ企画 »

コメント

アドバイスありがとうございます!!

状況は厳しいですが、可能性のある限り、最後の最後まで諦めず、闘い続けますsign03

お互い、残留に向けて頑張りましょーhappy01

投稿: 一大分サポ | 2009/07/06 16:31

大分までいらしたのですね。matti家は衛星TVが見れないので、お出かけしてTV観戦しました。深井下村両選手のすばらしいシュート、あとサポートの動きがすばらしかった。これを続けることが大事ですね。
大分の藤田選手をみたのもひさしぶり。試合後のシャムスカ監督の表情が・・・同世代なのでね。
大分サポ様の心情もお察しします。私に言えるのは最終節まであきらめないで!の一言です。

投稿: matti | 2009/07/06 21:10

>一大分サポさま

コメントありがとうございます。
偉そうに出しゃばってしまい、すいません。
出しゃばりついでですが、
諦めないこと
信じること
この二つをやり抜くことは意外と辛いです。
でもサポが出来る事は多くありませんので、出来る事はしっかりとやり抜くしかありませんからね。
お互いがんばりましょう。

>mattiさま

コメントありがとうございます。
お出かけしてTV観戦、お気持ち痛いほど解ります。
携帯やPCの画面とにらめっこでは、ドキドキしすぎて体に悪いですからね(笑)
次節は本当に大事な試合となりました。同じ過ちを繰り返さないため、我々もサポートがんばりましょう。

投稿: speedster | 2009/07/07 06:49

実は私は大分県出身なので
今度の試合は なんともはや 複雑な気分でした。
九石ドームにサッカーの試合を見に行ったのは
初めてだったのですけど。
試合は もちろん ジェフのゴール裏で観ましたけども
帰りは 友達たちに合流して残念&反省会に参加しました。
昨年の大変さを熱弁するわけにもいかず
びみょう~~な立ち位置でした。

それにしてもピッチは聞きしに勝る荒れ模様でしたね。
大分サポがチームに献上したお金 ピッチの調整に使ってもらいたいと 強く願います。

投稿: かぴたん | 2009/07/07 23:50

>かぴたんさま

コメントありがとうございます。
大分県ご出身だったのですね。
今回初めて大分に行って、滞在時間は短かったのですが非常に好印象で、是非ともまた行きたいと思っております。
ですので、勝ち点を奪っておきながらも、大分には残ってもらいたいと思っているのですが。いやいや、別のカテゴリーで来年も大分遠征ってのは望んでおりませんがね(苦笑)
チームの成績とピッチの荒れ方は無関係とは言い難い感じですね。仰る通り、お金を掛けるべきはピッチだったり、または不在のフィジカルコーチだったりと、選手を支える部分ということなのでしょうね。

投稿: speedster | 2009/07/08 06:50

観戦応援ご苦労さまでした。
芝の影響でジェフも怪我人だらけに!!
それよりも気になったのはゴール裏座席が黄色からジェフサポ応援効果炸裂に来年千葉市長にお願いしてサポが臨海みたいにフクアリ座席黄色ペンキ作業を実施し黄色一色にしたいですね。

投稿: 下駄の親父 | 2009/07/09 19:34

>下駄の親父さま

コメントありがとうございます。
なるほど。大分に負けない理由の一つは九石ドームのゴール裏座席が黄色いからと。
ちなみに、ご提案のフクアリの座席を黄色に、に関しては建設中のフクアリ見学会で聞いたスタッフの説明をアップした当blog2005年7月11日のエントリーをご覧いただければと。
フクアリも4年目ですが、ゴール裏を中心にバックもメインもかなり黄色くなりましたね。
明日の神戸戦、全力で選手のサポートがんばりましょう。

投稿: speedster | 2009/07/10 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/45551237

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J1第16節大分-千葉(九石ドーム)観戦メモ:

« サッカーで受けた心の傷をサッカーで癒してきました(リザ、レディース、そして笠松) | トップページ | 久しぶりのタイアップ企画 »