« ナビ杯C組第5節柏-千葉(柏の葉)観戦メモ | トップページ | 人事往来 »

2008/06/03

W杯アジア3次予選日本代表-オマーン代表(日産)観戦メモ

まずは、日本サッカー協会 長沼 健 最高顧問のご逝去を心から悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。
Nec_0090
--------------------------------------------------------
6月2日(月) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選
日本 3 - 0 オマーン (19:20/日産ス/46,764人)
得点者:10' 中澤佑二(日本代表)、22' 大久保嘉人(日本代表)、49' 中村俊輔(日本代表)
【天候】曇のち雨 17.3℃ 76%
--------------------------------------------------------
試合に関しては、もう何も言う事は無いでしょう。
至極真っ当な結果であったと思います。キックオフ後5分で「今日は大丈夫」だと確信出来るくらい、両チームのサッカーの内容に明らかな差がありました。

まあ、アジア3次予選レベルで苦しむ事自体が異常なんですよ。前回ドイツ大会の予選では結果は残しつつも、薄氷を踏むような試合しか出来なかった某監督のサッカーが異常だったという事です。

ただ、今日の試合を見てもまだまだこのチームには課題が山積みであることが分かりました。
例えば、中盤と前線の連携なんかは、選手達は必死にボールを回して動いて相手の守備を崩そうと努力しているのは解るのですが、有効な攻撃にはまだまだ程遠いように見えました。
今日のオマーン代表の守備は決して厳しくなく、むしろ中村俊輔や遠藤がフリーでボールを持てるくらい全くプレスが掛からない状況下で、この程度なのか・・・・というくらい嘆かわしい内容だったと言ったほうがいいのかもしれません。

これは攻撃に関するタスクを、中村俊輔という才能に依存しきっている現状ではどうにも打開が難しいような気もするのですが、W杯予選を勝ち進むために岡田監督が選択した超現実的な手法という事なのでしょう。

W杯の出場権を得るだけで国民的ヒーロー扱いされた時代は遠い過去のことです。
世界の中で闘うために、どのようなサッカーをめざすべきなのか。この指針を現代表監督の岡田氏に求めるのは、やっぱり酷な事なのでしょうかねえ。

最後に巻について。
今日は約14分間の出場でしたが、十分存在感があったし、コンディションも良さそうに見えました。
チームの方向性が未だに見えない代表チームですが、巻には何としてでも、代表で活躍して欲しいし、結果を残して欲しいと心から期待していますので、今後も代表の巻を応援し続けます。
でも、怪我だけは勘弁な。

|

« ナビ杯C組第5節柏-千葉(柏の葉)観戦メモ | トップページ | 人事往来 »

コメント

寒い中 お疲れさまでした!
3次予選で云々…ほんとにそう思います。

ご飯作ったり食べたりしながら なんとな~くまったり「勝てなきゃしょうがないでしょ」と思いながら テレビで見てましたが
巻が出た14分だけは座って真剣に見ました。
最後の香川のプレーだって 巻がキーパーつぶしたからできたんであって そこも見てくれよ~とテレビに向かってぶつぶつつぶやいてました。

今度の怪我もどうやら癒えて今シーズンのいい感じが戻ってきたようですね。
いろいろ思うところはありますが 巻が出てくれるというだけで また今回のワールドカップも それなりに見ようと思います。
(ほんとは南アフリカに行こうかと本気で思ってたんですけどね、親方の時代は。フライトチェックしたりもして)

投稿: かぴたん | 2008/06/04 02:39

>かぴたんさま

コメントありがとうございます。
今の代表の見どころは何と言っても巻ですよね(笑)
2日の試合はガラガラのアウェイゴール裏2階から、ずっと斜め目線で見ていたのですが、巻が出場してからは身を乗り出して「巻がんばれ!」なんて声を出しながら見ておりました(笑)
周囲の人達はきっと「ジェフサポ必死やな」と思ったに違いないでしょう(苦笑)

投稿: speedster | 2008/06/04 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/41410973

この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア3次予選日本代表-オマーン代表(日産)観戦メモ:

« ナビ杯C組第5節柏-千葉(柏の葉)観戦メモ | トップページ | 人事往来 »