« 人事往来 | トップページ | 今日のガマちゃんver.2008/6/8 »

2008/06/09

ナビ杯C組第6節千葉-川崎(フクアリ)観戦メモ

4分の先制ゴールはオウンゴールではありません。
あれは絶対にオレたちの東美のゴール・・・
と信じています。
Dsc00960
--------------------------------------------------------
6月8日(日) 2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグCグループ第6節
千葉 3 - 2 川崎F (15:00/フクアリ/12,921人)
得点者:4' オウンゴ-ル(千葉)、27' 我那覇和樹(川崎F)、57' ボスナー(千葉)、69' 黒津勝(川崎F)、83' レイナウド(千葉)
【主審】片山 義継  【副審】村上 孝治/岡野 尚士
【天候】曇 22.3℃ 73%
--------------------------------------------------------
開始早々に少々ラッキーなゴールが決まった時、この試合の最低限のミッションである決勝トーナメント進出を確信しました。
あとは、どういう形でこの試合を終わらせるか・・・・
と考えていたら、とんでもない打ち合いの試合になってしまいました。

先制ゴールは東美がドリブルで右サイドを切り込み、角度の無い所から鋭いシュート。勢いを持ったボールは川崎のDFの足を掠めて方向が変わり、ゴールに吸い込まれました。公式記録ではオウンゴールとなってしまいましたが、東美自身がドリブル突破して放ったシュートから生れたゴールであることは間違いなく、今シーズンジェフで最も苦労したであろう東美に1ゴールを付けてあげても罰は当たらないだろう・・・と思った次第。

前半はしっかりと攻め込めていたし、守備もほぼ完璧・・・と思ったら、ロングボールの処理をエドと岡本がお見合い。その間隙を我那覇に突かれてあっけなく失点。
ロングボールが落ちてきたとき「キーパー!」と叫んだのですが・・・もうちょっと大きな声で叫べば良かったかな。

その後は後半にかけて、一進一退の攻防が続き、そしてとうとう炸裂したエドのキャノン砲。
3月に等々力で2度川崎と対戦した中で、エドがFKを試みたかどうか覚えていませんが、今日の川崎の選手達は完全にエドのFKを舐めていましたね。壁も二人ぐらいしか居なかったし。まあ、あんな殺人的なシュートが自分に向かって来ると思ったら壁に入りたくない気持ちは分かりますけど(笑)
でも、今シーズンいろんなチームからゴラッソなミドルを決められまくりましたので、それを思うと今日のエドのゴラッソなゴールは愉快痛快、気分爽快。もう気持ちがスッキリしましたね。
真夜中にテレビでスイスやオーストリアでの試合を見なくても、フクアリでこんな凄いゴールが見られるんですよ。

試合はその後、これまたロングボールから黒津に決められ同点にされるも、前掛かりになる川崎の背後を突きまくり、何度も決定的なチャンスを迎えては外すという悶絶な展開に。
レイナウド、工藤、新居がGKとの1対1を尽く決められず。特に新居のチャンスは、池田のフィードをレイナウドがヘッドで落として、走りこんだ新居が上手くボールを拾ってシュート・・・しかし、クロスバーに弾かれ、そのボールを体勢を立て直した新居が再びヘディングで押し込み・・・と思ったら再びクロスバー。
いやー盛り上がる盛り上がる(笑)

こんなにチャンスを逃し続けると大概良いことが起こらないのがサッカーの常なのですが、川崎も我那覇のドフリーシュートがバーに弾かれ、更に岡本が前半のミスを挽回する見事な反応で決定的なシュートを何本も弾き返し、逆転を許しませんでした。

結局83分、カウンターから工藤がGKと1対1、十分引き付けてから左のレイナウドにプレゼントパス。レイナウドは丁寧にボールをゴールに流し込み勝ち越し。直後、工藤がピッチ上に大の字になり「やっと入った」と言うようなパフォーマンス。まあ工藤の正直な気持ちでしょう。

ロスタイム3分も無難にやり過ごし、見事勝利で文句無しのグループ首位抜け。決勝トーナメント進出決定です。

しかし、監督交代後4勝1分と劇的に変わりましたな。このチームは。
正直ここまで結果を残してくれるとは・・・全く想定外です。試合に出ている選手は変わっていませんので、サッカーはメンタルなスポーツなんだなと改めて実感しております。
それと、信じる力。
監督を信じて、コーチを信じて、チームメイトを信じて、フロントを信じて、サポーターを信じて。
そして我々も選手を、監督を、フロントを信じて、応援する。
こんな単純な事がどれだけ重要か。
結構いい歳したおっさんですが、まだまだサッカーにいろんな事を教わっています。

これから3週間のサマーブレイクに入るのが惜しいくらい良い雰囲気ですが、この期間にチームを更に磨き上げて真夏の連戦に向けて良い準備をして欲しいと思います。
何てったって、今シーズンの目標は残留ですからね。皆さんお忘れではないと思いますが、念の為(笑)

|

« 人事往来 | トップページ | 今日のガマちゃんver.2008/6/8 »

コメント

ナビスコ予選勝ち抜き本当によかったです。ミラー監督へ交代して初観戦でした。前から5列目SB自由でしたが、選手の一挙一動がよく見え谷澤くんのボール奪取、隊長の、気迫あふれるプレー。この試合にかける選手達の思いを感じられました。〔今の所、matti的今季ベストゲーム)こういう心のこもったゲームを見たいですね。戸田選手もプレーする所をみました。W杯経験をJEFにフィードバックしてほしいですね。戸田選手補強を聞いた時、ちょっと、フィットするか心配でしたが。まずまずでしたね。グッピーも後半反射神経がすばらしかった!神がかってましたね。迷路から抜けられたかな?
後、我那覇選手への募金へ、なかむらレストラン前にて参加してきました。この件はどのチームで起きてもおかしくないことです。適切な薬物治療と悪用へ区別、指針の必要を感じています。又大会によって指針の解釈が割れる事もあります。医療人の端くれとしては、この募金を無視できませんでした。我那覇選手の出身地小禄の方々がお世話役になってくださってるようです。ちんすこうを頂戴しました。

投稿: matti | 2008/06/09 08:23

好調をkeepし、リーグ戦へつなげたいですね。アジスタ2週続けて参戦よ!

投稿: matti | 2008/06/09 08:26

>mattiさま

コメントありがとうございます。
いい試合が見れて良かったですね。試合に勝てたのはmattiさんの応援のおかげですね(笑)
私もSA自由ホーム側の11列目に居ましたので、近いところにいらしてたんですね。
ここで中断するのは本当にもったいないですが、味スタ2連戦(ナビスコQF名古屋戦が間に入ってしまいましたが・・・)に向けて良い準備をして欲しい所です。

投稿: speedster | 2008/06/10 00:21

エドのキャノン砲はカーブになったので決まったかな?おそらく真っ直ぐだったらキーパーにパンチングされたな!!
それにしてもヘトヘトに疲れ果てた試合でしたね。

投稿: 下駄の親父(hakonenogeta) | 2008/06/10 06:15

>下駄の親父(hakonenogeta)さま

コメントありがとうございます。
エドのFK、ようやく決まりましたね。いやあ、いい物見させていただきました。
それだけでもお腹いっぱいなのに、非常に濃い試合でお疲れ様でした。これで結果が伴っていなかったら・・・と思うとぞっとしますが、チームの成長過程を共に共有できる喜びを感じながら、中断明けも熱く応援しましょう。

投稿: speedster | 2008/06/11 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/41477391

この記事へのトラックバック一覧です: ナビ杯C組第6節千葉-川崎(フクアリ)観戦メモ:

« 人事往来 | トップページ | 今日のガマちゃんver.2008/6/8 »