« 体に電気が走ったこの一曲 | トップページ | 2008年スタジアム観戦目標数 »

2008/02/12

芝生のお話

大変読み難く不評なサポーターコミュニケーションデー議事録。
先日2時間くらい掛けて全部読みました。その中で、ちょっと気になった質疑というか質問があったのですが・・・

フクアリのピッチをオーバーシードで管理してほしい

これについての詳細の質疑については、公式HPで公開中の「配布資料NO2」を御覧になっていただきたいのですが、この質問はある意味フクアリのピッチを管理している指定管理者にとっては屈辱的な質問ですよね。

Jリーグの「競技場検査要項」にあるピッチに関する検査基準は「天然芝(常緑)であること」が「必ず具備しなければならない条件」としてうたわれています。つまり、「常に緑色のピッチでしか試合をやっちゃいかんよ」ということがJリーグの規則になっている訳であります。
では、「天然芝(常緑)」と言うのはどんなものか。と言いますと、これがまた語るも涙、聞くも涙の芝生の歴史のお話になりますので詳細説明は国立競技場のHPにお任せしまして、ようするに「天然芝(常緑)」と言うのは手間もお金も掛かる。
ただ、フクアリの場合は2005年10月にオープンした新しい競技場で、スタンド屋根が日照的に不利になるものの、常設スプリンクラーや南側スタンドの透光素材屋根、上段スタンドの通風スリットやスタンド下の通風口など、芝生育成の為の設備がしっかりと備えられ、オープン当時は「これでベストピッチ賞はもらった・・・」と期待したものでした。

ところが、忘れもしない2006年7月30日の名古屋戦で見るも無残なダートなピッチとなってしまい、アマルに「ビーチサッカー」と揶揄される醜態を晒し、ベストピッチ賞どころかちゃんと試合が出来る環境が確保されているのかが心配で、それ以降の試合ではフクアリに入場して一番最初にピッチ状態を確認する習慣がついてしまいました(苦笑)
2007年シーズンもビーチサッカーまではならなかったものの、美しいピッチと言える状態が長続きせず、シーズン終盤の11月12月は緑色と茶色のまだらなピッチとなっており、2008年の開幕までには何とか整備してくれるだろうと期待しておりますが、先月のファン感の時点ではピッチ上の茶色の範囲が更に拡大している光景に不安を覚えたものです。

2007年はSA自由席のL入口の付近の座席に座っていましたので、試合1時間前くらいに入場してくるサッカー観戦ビギナーなお客さんが緑のピッチを見て「うわーきれいだ」と感激する光景と何度も遭遇してきました。
ベストピッチ賞を!とは申しませんが、初めてサッカーを見るお客さんの「うわーきれいだ」という感激の声が何度も聞くことが出来るように、そして何よりクオリティの高いサッカーが出来る環境維持と選手の怪我防止の為にも、東洋グリーンさまにはがんばってもらいたいと思っております。

|

« 体に電気が走ったこの一曲 | トップページ | 2008年スタジアム観戦目標数 »

コメント

Jリーグ初期三ツ沢の芝の醜さが話題になっていたけど最近はかなり改善され常に最高のピッチ状況で試合が行われていますので、フクアリも三ツ沢のノウハウを学んで欲しいですね!

投稿: hakonenogeta | 2008/02/12 06:06

フクアリの芝の荒れる一番の原因は、ラグビー等のスポーツとの共用です。
大学サッカーなどは一日に2試合行ったりなどしますので、「Jリーグ1回で荒れた芝を1週間で元の状態にもどす」よりも過酷な条件になっています。ラグビーは言わずもがな、ほじくりまくりです(涙)。
現状復帰する前に次のストレス(試合等)があるのでは、メンテナンスさんだけの技術では限界があると思います。
また、指定管理者制度になって、会場使用料を稼がないと管理会社も赤字になるのでこういう無茶をせざるを得ないということもあります。

投稿: 通りすがり | 2008/02/12 17:26

>hakonenogetaさま

コメントありがとうございます。
>Jリーグ初期三ツ沢の芝の醜さが話題に
懐かしいですね。ボールを蹴ると周辺の芝生がもろともガバッと剥れていた記憶があります。
最近では埼玉スタジアムの杮落としのイタリア代表戦とか、山形のベスパとか、神戸のホムスタ、広島ビックアーチ・・・と、まあ色々ありましたがいずれもしっかりと回復しているような気がします。ですので、フクアリでもやれば出来るはず、と思いたいですね。

>通りすがりさま

コメントありがとうございます。
貴重な情報とご意見ありがとございます。確かにスタジアムの使用頻度との相関関係があるのかもしれませんね。
ただ、残念ながら芝生不良の理由とするのは納得出来ないですね。「会場使用料」から利益を得るために施設管理をそれなりに抑えて、結果的に品質が保てないのは本末転倒であり、芝生管理のプロとして許されない行為でしょう。これが事実であるならば、指定管理者としては失格だと思いますが・・・
それからサッカーとラクビーのピッチに与える負荷はほぼ同等もしくはサッカーの方がやや大きいという事を聴いた覚えがありますが、私の記憶があいまいなので自信は無いです(笑)
いずれにしましても、少なくとも3月のホーム開幕時には鮮やかな緑のピッチが見れるよう期待しましょう。(その前にちばぎんカップがありますが・・・)

投稿: speedster | 2008/02/15 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/40094689

この記事へのトラックバック一覧です: 芝生のお話:

« 体に電気が走ったこの一曲 | トップページ | 2008年スタジアム観戦目標数 »