« 今日のガマちゃんver.2007/8/18 | トップページ | 決戦前夜 »

2007/08/23

北京五輪最終予選U-22日本代表-U-22ベトナム代表(国立)観戦メモ

秋川雅史さんの君が代は迫力があって、とても素晴らしかったです。
これだけでも3,000円のチケットの価値はあったんじゃないかな。
Nec_0071
--------------------------------------------------------
アジア男子サッカー2008最終予選(北京オリンピック2008最終予選)
8月22日(水)20:35/国立/22,507人
U-22日本代表 1-0 U-22ベトナム代表
得点者:46+分 青山 直晃(U-22日本代表)
--------------------------------------------------------
キックオフが20:30なので余裕を持って会場に入り大分のA代表の試合を見ながら晩御飯でも・・・という思惑は、肝心の仕事が終わらずなかなか退社できず脆くも消え去り、結局19:50頃に新宿の職場を出発。当日券を購入してバタバタとスタンドに入った時には選手紹介が始まっておりました。

ホーム国立でベトナムを相手に1-0で勝ったものの、スタジアム全体は重苦しい雰囲気でしたね。
ドン引きのベトナムの両サイドから数え切れない程のクロスを上げ続けても、ゴールはゼロ。水野なんか両足と手で中央に何本のクロスを上げたことか。
この辺の問題点はクロスを上げる側と中央で受ける側で話し合いを重ねて選手同士で解決してもらうしかないんでしょうけど、今日の試合を見てて感じたのはボールの近くにいる選手は局面で必死にがんばっているんだけども、その局面の勝負が次の展開に繋がらないというかチーム全体の連携がほとんど無いんですな。
例えば、中盤で本田圭佑がボールを持って相手を引き付けてタメを作っている間に、そこを追い越していく選手がいても本田はそこへパスを通さずセーフティに後方にパスしてしまう・・・とか、無駄走りする選手がいるけれどその走りが本当に無駄になってしまう確率が高いというか、決してリスクを冒していない訳ではないのに見ていてワクワク感が無いんですよね。
北京五輪出場が最低のミッションというプレッシャーがあるかもしれませんが、選手一人一人がもうちょっとサッカーを楽しむ感じでやれば意外と上手く行くかもしれないですね、このチームは。
そういう意味では調子乗り世代の柏木、安田らが加わったことでチームの空気に変化をもたらすことを期待したいと思います。
まずは1勝。残り5試合、北京五輪出場目指してみんながんばれ!

ところで帰宅してテレビのスポーツニュースでJFA会長のコメントを知ったのですが、この爺さんは相変わらず自分の責任を棚に上げて好き勝手な事をしゃべってますな。
あんたがこのチームを守らないで誰が守るんだよ。
もうこれ以上、このチームの邪魔をするのは止めてくれ。

|

« 今日のガマちゃんver.2007/8/18 | トップページ | 決戦前夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/16208163

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪最終予選U-22日本代表-U-22ベトナム代表(国立)観戦メモ:

« 今日のガマちゃんver.2007/8/18 | トップページ | 決戦前夜 »