« 7月の備忘録のようなもの | トップページ | クラブビジョンはあるのですか? »

2007/08/06

リーグ再開に向けての一考察

11日からリーグ戦が再開するわけですが、我が愛するジェフが今シーズン残り16試合をどう闘うべきかを勝手に考察してみることにします。
まずは現状の把握から。

18試合5勝4分9敗 勝ち点19 14位

改めて今シーズンの成績を文字にしてみると、その酷さにグッと来るものがありますねえ(笑)
こんな成績では今シーズンの目標は自ずと「J1残留」という事になるのですが、では目標達成のためにはあとどの位勝ち点が必要なのでしょうか。
今シーズンこれまでの試合の50%が負けで、残りの25%づつが勝ちと引き分けという成績ですが、このペースのままで残り16試合を行ってしまうと、4勝4分8敗で勝ち点16、年間では9勝8分17敗で勝ち点35。
定説的に試合数と同じ勝ち点が残留の目安とされていますが、18チーム1シーズン制となった2005年以降の残留争いの結果を見ると、

2005年
15位 清水 勝ち点39
16位 柏 勝ち点35
17位 東京V 勝ち点30
18位 神戸 勝ち点21

2006年
15位 甲府 勝ち点42
16位 福岡 勝ち点27
17位 C大阪 勝ち点27
18位 京都 勝ち点22

という具合で、勝ち点35では決して楽観出来ないことがわかります。
残留争いはしているものの、ちょっとは安心して「残留」という結果を得たいとなると、勝ち点40以上で15位以上の確率がグッと高くなると思われます。となると、残り16試合であと勝ち点21以上を積み上げることが最低ノルマという事になるでしょう。

16試合で勝ち点21以上。
7勝9敗でも、6勝3分7敗でも、5勝6分5敗でも、4勝9分3敗でも、勝ち点21以上は何としてでも欲しい。
これは今まで18試合で勝ち点19しか取れなかったチームにとっては、簡単なミッションではありません。そこで、今後のスケジュールを見てみると、

19節8/11 川崎(フクアリ)
20節8/15 鹿島(カシマ)
21節8/18 磐田(フクアリ)
 ※8/22五輪予選@国立
22節8/25 柏(日立台)
23節8/29 大分(フクアリ)
24節9/1 新潟(東北電ス)
 ※9/8五輪予選@サウジ
 ※9/12五輪予選@国立
25節9/15 神戸(フクアリ)
26節9/22 大宮(駒場)
27節9/30 東京(フクアリ)
28節10/6 甲府(小瀬)
 ※10/17五輪予選@カタール
29節10/20 浦和(フクアリ)
30節10/27 広島(広島)
31節11/10 G大阪(万博)
 ※11/17五輪予選@ベトナム
32節11/18 横浜FM(フクアリ)
 ※11/21五輪予選@国立
33節11/24 清水(日本平)
34節12/1 名古屋(フクアリ)

という事ですが、注目すべきは五輪最終予選との関係。特に残留争いが佳境に入るであろう11月の日程は過密というより搾取です。
そうなると、残留という目標達成のためには早期に勝ち点を積み重ねておく事が必須であり、逆にジェフの状況を磐石にしておかないと水本&水野にとっても五輪最終予選に集中出来ないでしょう。
したがって8月11日から9月1日までの川崎、鹿島、磐田、柏、大分、新潟の6試合は非常に重要となると共に、ここでの成績次第ではアマルの進退が問われることとなるでしょう。
個人的にはこの6試合で3勝1分以上、勝ち点10以上がアマルの最低ノルマであり、残留するための第1ステップだと考えます。仮にこの6試合で3勝1分以上の成績を残したとしても、厳しい状況に変わりは無いと思いますが。

残留争いというのは、負ければJ2落ち、残留してもその経験がチームの糧になる訳でもなく次のシーズンに向けたチームの建て直しが必須となるという、本当に辛く厳しい闘いです。
ですがそんな残留争いに足を突っ込んでしまった以上、勝ち残るために妙なプライドを捨て去り現実的な闘いをしなければなりません。
その為にまずは選手、スタッフ、サポがそれぞれ全力を尽くすことと、気持ちを一つにすること。そして最後まで絶対に諦めないこと。全くもって月並な言葉ですが、これらが本当に大事だと思います。
リーグ再開まであと5日、しっかりと良い準備をして気合を入れて川崎戦に臨みましょう。

|

« 7月の備忘録のようなもの | トップページ | クラブビジョンはあるのですか? »

コメント

正直な話厳しい現状をアマル・フロントのはまだまだ認識不足かな?相変わらずの練習内容にオヤジは危惧しています!今更遅いけどおそらく今月末には新たな動きがあるかもしれない?

投稿: hakonenogeta | 2007/08/07 06:12

こんばんは、リーグ中断中はオールスターをTV観戦しました。JEFサポ的には、見所があったかな?!元気な坂本選手VS水野君、張り切り水本君とかです。
でもお祭りはもうおしまい。11日からは厳しいリーグ戦ですね。
ストヤノフ退団、より選手達の奮起をのぞみます。応援がんばりましょう。

投稿: matti | 2007/08/07 22:38

>hakonenogetaさま

コメントありがとうございます。
監督交代というカードを今のジェフのフロントが切れるのかという疑問も残りますが、いずれ危機感を持って今月の試合に臨まないと・・・と思う次第です。
選手のがんばりが結果に繋がるようフロントにもがんばって汗をかいてもらいたいですね。

>mattiさま

コメントありがとうございます。
私もテレビでオールスター見ておりました。ジェフサポとしての見どころは何と言っても、前半の副音声でしょう(笑)
水野がカズへの思いを語りまくっておりましたな。
11日からのリーグ後半戦、選手を後押しできるよう我々もがんばりましょう!!

投稿: speedster | 2007/08/07 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/16021044

この記事へのトラックバック一覧です: リーグ再開に向けての一考察:

« 7月の備忘録のようなもの | トップページ | クラブビジョンはあるのですか? »