« 最も恐れていた事態が・・・ | トップページ | Jリーグ第21節千葉-磐田(フクアリ)観戦メモ »

2007/08/16

Jリーグ第20節鹿島-千葉(カシマ)観戦メモ

リーグ戦再開後の2試合とも同じスコアで連敗。
暑い中で上位チームの対戦だから・・・とは言っても、川崎も鹿島もリーグ前半の対戦ではどちらも引き分けたチーム。残り14試合、どのチームから勝ち点を奪えるんだ?
Dsc00250
--------------------------------------------------------
8月15日(水) 2007 J1リーグ戦 第20節
鹿島 3 - 1 千葉 (19:03/カシマ/19,600人)
得点者:'19 オウンゴ-ル(千葉)、'25 新井場徹(鹿島)、'31 小笠原満男(鹿島)、'85 小笠原満男(鹿島)
【主審】吉田 寿光  【副審】中井 恒/中込 均
【天候】晴 29.8℃ 73%
--------------------------------------------------------
今回の鹿島遠征は、初めてユナイテッド後援会バスツアーを利用して行ってきました。2004年から後援会の会員となり毎年会費を支払い続けてきたものの、会員としての権利を行使したのは今回が初めて。どんな雰囲気なんだろうなどと妙にワクワクしながら東京駅前からバスに乗り込みましたが、予想外にも非常に静かで落ち着いた大人の(?)雰囲気でした。
それにしても、今日はもの凄く暑かった。
入場前の待機列では西日を浴びて、入場後のスタンドは日が陰っていたものの無風状態だったため蒸し暑く、何もしていなくても汗が吹き出るほど。
そんな環境の中で、サッカーをするのだから選手たちは本当に大変です。

それでは試合の感想でも。
いきなり先制の場面からですが、反対側のゴール裏から見ても本当に鮮やかなゴールでしたよ。でも冗談抜きで、あんな感じでニアで合わせるようなプレーをもっと見たいんですよね。昨年の6番の人が得意だったやつ。
CKやFKのセットプレーでは巻へのマークがきついので、もっと敵DFの前へ飛び出すようなプレーを増やせば良いと思うんですが・・・。
さて、先制点をプレゼントされてからは少しづつ鹿島に押され、すぐさま同点、逆転されてしまいました。
1失点目は、サイドから中央へ切れ込んできた新井場に誰も対応に行かなかったばかりか、ゴール前には十分に守備の数が揃っていたのに、鹿島FW陣が上手にジェフDF陣を引き連れてシュートコースを空けられてしまいました。
2失点目は下村のクリアミスがマルキ→小笠原と渡ってあっさり打たれてしまいました。この場面は最初の下村のクリアキックがかなり無理な体勢からダイレクトでキックしたものの、当たり損ないの力無いパントキックがフラフラと上がった事が起点となってしまいました。下村がクリアした時は、ほぼフリーだったので、周囲の選手がしっかりと声を掛けてやれば防げた失点だったでしょう。
1点を追いかける後半は鹿島の動きが止まったので、ジェフの時間帯が一気に多くなったはずでしたが、またまたゴールならず。
ボールは回すけど、対面のDFと勝負せずミスを重ねて心理的に落ち込んでしまうのが今季のパターン。
もっと勝負して欲しいし、それにより敵DFを混乱させることが出来るのに。

さあ、この2連敗でお尻に火がついて黒煙が上がっている状況となってしまいました。
しかも次節は警告累積が2名で、更に主力選手の怪我が重なり、非常に苦しい状況で磐田をフクアリで迎え撃つこととなってしまいました。
「サッカーの内容は悪くない」と言えた3月~5月が懐かしく感じる程、今は勝てる予感がほとんど感じません。
このまま転がる石のように転落の道を歩むのではという恐怖心との闘いもぼちぼち始めないといけないかもしれません。

ところでバスツアーでの帰路は、集合時間遅刻者が発生したことにより出発が約20分遅れ、大渋滞の影響で鹿島国脱出に約60分要したことで、東京駅からの終電に間に合うかどうかバスの中でドキドキしながら帰ってきました。結局、自宅到着が1時20分頃。
ちなみに明日は早朝から実家に帰省するので、6時半に出発する予定。
これから寝てしまうと起きる自信が無いので徹夜するしかないか。

|

« 最も恐れていた事態が・・・ | トップページ | Jリーグ第21節千葉-磐田(フクアリ)観戦メモ »

コメント

観戦応援お疲れ様でした。最悪なコンディションの中での試合観戦は体力消耗が厳しいので気を付けて下さいね!

投稿: hakonenogeta | 2007/08/16 05:58

>hakonenogetaさま

コメントありがとうございます。
磐田戦は前の2試合に比べれば若干気温が低かったせいか、それほど辛くは無かったですね。てゆうか勝ったからそう思うのでしょうが(笑)
それよりもどんな環境でも闘わなければならない選手の方が1000倍大変でしょうから、我々はそんな選手たちを必死に応援するしかないですね。
互いにがんばりましょう。

投稿: speedster | 2007/08/20 02:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/16130298

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第20節鹿島-千葉(カシマ)観戦メモ:

« 最も恐れていた事態が・・・ | トップページ | Jリーグ第21節千葉-磐田(フクアリ)観戦メモ »