« 今日のガマちゃんver.2007/5/19 | トップページ | エルゴラの見出しに反応してみる »

2007/05/21

Jリーグ第12節千葉-広島(フクアリ)観戦メモ

いつもの通り、序盤に失点して、追加点を入れられ、後半はドン引きされながらやっと1点奪い返して試合終了。
昨年から見慣れてしまった1-3での敗戦の、典型的なパターンな試合でした。
--------------------------------------------------------
5月19日(土) 2007 J1リーグ戦 第12節
千葉 1 - 3 広島 (16:00/フクアリ/10,983人)
得点者:'6 ウェズレイ(広島)、'23 ウェズレイ(広島)、'36 ウェズレイ(広島)、'66 水野晃樹(千葉)
【主審】西村 雄一  【副審】手塚 洋/村上 孝治
【天候】曇 20.8℃ 63%  【入場者数】10,983人
--------------------------------------------------------
1失点目は、結果は中島のハンドでPKだったのですが、寿人のスルーパスにウェズレイが抜け出て立石と1対1となり、立石がシュートを体で止めたものの運悪くボールが再びウェズレイに戻り、そこから上げられたクロスを中島が手でクリアしたものでした。
2失点目は、ショートコーナーからウェズレイのクロスがミスキックでニアに入り、水本がクリアに飛び込んだもののボールに触れず直接入ってしまったものでした。
3失点目は、寿人とのパス交換でウェズレイが抜け出し、カバーすべきリベロのジョーレがボールに飛び込んだもののあっさり空振り。立石との1対1をウェズレイが決めたものでした。

と言うように、昨日の試合の失点には必ず誰かのミス、もしくは集中切れに起因しています。
この傾向はこの試合のみならず、最近のジェフの試合ではお馴染みのシーンとなってしまいました。
このような失点をしないようにする為には、ミスをしなければ良いのですが、そんな事はどんな優れた選手でも不可能な事であり、サッカー選手に限らず人間なら誰しも必ずミスをすることはオシム語録で我々はとっくに学んでいます。
問題はミスをした後の対応。
自分のミスを取り戻すために必死に守備に戻ったり、仲間のミスから招いたピンチに体を張って守ったり。このようなプレイが出来ているか否かが、チーム状態の良し悪しのバロメーターなのかと最近感じております。
この件について、今でも鮮明に記憶しているのが、2005年5月8日の浦和戦(埼玉)の試合。当時2年目の水本がボールを奪われピンチを招くも、勇人がカバーに走りファールで止めてイエローカードを貰ってしまいます。その直後、勇人が水本を一喝して注意を促すシーンが今でも強烈に印象に残っておりまして、チームメイトのミスをカバーして更に互いに厳しく指摘する雰囲気が、今のジェフに存在するのか疑問に思っております。
まあ、サッカーに関してど素人の私が感じることですから、全く的外れな心配かもしれませんが、チーム浮上のきっかけを何でも良いので探ることも現状打破の一つの方法ではと考えております。

昨日の試合では、勇人が怪我で前半早々退き、羽生も頭部衝撃により救急車で搬送される事態となってしまいました。さらに水本、山岸、巻、工藤と怪我を抱えながら強行出場している選手が主力としてがんばっているのがジェフの現状です。
ジェフは決して強いチームではありません。今までも一歩間違えれば残留争いをするようなギリギリの状態を乗り切って、2003年~2006年まで結果を残してきたチームだと思っています。
ですから、目指すべきジェフサッカーを追い求めてコンディションが悪い主力選手を強行出場させるより、試合に出たくて出たくてうずうずしている若手選手を積極的に使って、チーム力を上げて欲しいと思うのです。その中で先に指摘したチームメイトのミスをカバーして指摘し合う雰囲気が出てくれば更に良い。

水曜日にはナビスコ予選、土曜日にはリーグ戦とまだまだ試合が続きます。今後、取り返しのつかない状況とならないためにも、怪我を抱えている選手は強行出場させず、少しでもコンディションが良い若手を起用してみてはどうだろうか。
アマルさん。如何でしょうか。

|

« 今日のガマちゃんver.2007/5/19 | トップページ | エルゴラの見出しに反応してみる »

コメント

辛い状況になってきてますね。
先制され、後半ドン引き、となるとJEFサッカーにはつらいですね。
勇人選手のけが、治癒まで1か月・・・羽生選手も肩を痛めたそうです。先発組はみんなけがに人?という状況になってますよね。
なかなかホームへ行けないので、報道での情報が頼りですが、本当に今年は心配してます。6月17日甲府戦は応援駆けつけるつもりです。

投稿: matti | 2007/05/21 16:08

初めてお邪魔します。今のジェフイレブンはまさに野戦病院状態なのでアマル監督もスタメン編成には頭が痛いのに、サテライトメンバーの不甲斐なさからしばらくはは今のベンチメンバーで対応しなければならないかな?いっそのこと日々頑張っているリザーブズメンバーとの入れ替えを期待しサテライトメンバー達の奮起を期待したいですね。お互いに辛抱強くこれからも応援頑張りましょう?WIN BY ALL !!

投稿: hakonenogeta | 2007/05/21 17:21

今年になって初めての書き込みです,ご無沙汰しております.

絶対にあきらめず,しかしある程度覚悟をしつつ応援します.
一番悪いのはサポが切れてしまうことだと思いますので.

私は'98年に一度,JEFサポやーめた,と離れたことがあります.
'99年末頃にやっぱりと戻ってきましたが,あの時の罪悪感があるので今回はとことん付き合います.
実を言うと辛くはありますが,ちょっとだけ楽しくもあります

ロングボールをもっと適切に使うのが一番手っ取り早いと思うのだけど,コメント見るとアマルがそれを禁じているらしいですからねえ.少し現実的になってほしいと思います.
ただ去年の後半よりはずっと,攻め切れる回数が増えてるので(入らないけど)何かきっかけさえあれば上向きそうに思えてしかたないんですが....

一昨年のシーズン終了後に柏サポの友人を思いっきり笑ってやったバチがあたったようで悔しいですな.
人を呪わば穴二つ

遅くなりましたが,今年もまたよろしくお願いします.
blogを楽しみにさせて頂きます.

投稿: 愛知犬 | 2007/05/21 21:36

>mattiさま

コメントありがとうございます。
勝てないうえに怪我人が更に増えて・・・と、試合毎に辛さが増す状況ですが、諦めずに応援するしかないですよね。
たとえスタジアムに行けなくてもジェフを応援する気持ちは同じです。
常に勝利を信じて共にがんばりましょう。

>hakonenogetaさま

はじめまして。コメントありがとうございます。
確かに現在調子が良いリザーブスからトップ昇格ってもの有りかもしれませんね。ただ、どんな選手でも初めて試合に出ていきなり活躍と言うのは稀ですから、少しずつ新戦力&若手を使って欲しいんですよね。
てゆうか、否が応でもそのような状況になってしまいましたが(苦笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

>愛知犬さま

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
私の場合は 愛知犬さんとはちょっと違って、98年から3年間の暗黒時代に「こいつらなんてダメな連中なんだ」と情が移ってしまったくちです。その辺の詳細はそのうち気が向いたらエントリーしたい思いますが、世界中のどんなクラブでも常に勝ち続ける所は無いわけで、いつかはこのような状況は来るとは思っておりました。(しかし、こんなにも早期に来るとは予想外ですが・・・)
アマルも理想と現実の狭間で苦しんでいる様子ですね。これだけ結果が出ずチーム状況も悪化するばかりでは、そろそろ現実的な闘い方に切り替えてもよさそうな気もしますがね。
リーグ戦は残り22試合もあると考えるか、もう22試合しかないと考えるか。
いずれにしても、我々はピッチ上で闘う選手を応援することしか出来ないので、出来る事を懸命にがんばりましょう。

Win By All!!

投稿: speedster | 2007/05/21 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/15146961

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第12節千葉-広島(フクアリ)観戦メモ:

« 今日のガマちゃんver.2007/5/19 | トップページ | エルゴラの見出しに反応してみる »