« 初勝利は2年連続3月21日!さらに代表追加召集! | トップページ | ナビ杯A組第2節千葉-広島(フクアリ)観戦メモ »

2007/03/25

キリンチャレンジカップ日本代表-ペルー代表(日産)観戦メモ

日本代表の試合を見て素直に楽しいと思ったのは、いつ以来だろうか。
出来れば、このような試合を1年前に見たかった・・・
Dsc00078
--------------------------------------------------------
キリンチャレンジカップ2007
2007年3月24日(土)19:30/横浜国際総合競技場(日産スタジアム)/60,400人
日本代表 2-0 ペルー代表
得点:19' 巻誠一郎(日本)54' 高原直泰(日本)
--------------------------------------------------------
試合終了後のプレスカンファレンスでイヴィツァオシム監督は「肉でも魚でもない」と評しておりますが、少なくとも今日の日本代表チームが見せた前線からの有機的な守備とダイナミックな攻撃は、非常に素晴らしかったと思います。
そしてイヴィツァオシム監督が意識的に選んだのかどうか知りませんが、今日のスターティングメンバー11人のうち8人がドイツW杯のメンバーだったことが、前任監督との能力のコントラストを更に鮮明にしてしまったような気がします。
そんな試合を川淵三郎はどのように見ていたのだろうか。
フィジカルトレーニングとシュート練習に明け暮れた監督、惨敗の責任を「腐れたミカン」と評して選手に擦りつけようとする監督を、5年前に独断で日本代表監督として招聘した川淵三郎は今日の試合をどのように見ていたのか。

今日の試合で見せた日本代表のパフォーマンスが本当に素晴らしかっただけに、日本サッカーの失われた4年間が非常に悔しい・・・と思った春の夜でした。

|

« 初勝利は2年連続3月21日!さらに代表追加召集! | トップページ | ナビ杯A組第2節千葉-広島(フクアリ)観戦メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/14377420

この記事へのトラックバック一覧です: キリンチャレンジカップ日本代表-ペルー代表(日産)観戦メモ:

« 初勝利は2年連続3月21日!さらに代表追加召集! | トップページ | ナビ杯A組第2節千葉-広島(フクアリ)観戦メモ »