« Jリーグ第30節千葉-新潟(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 水野様vsU-21韓国代表(国立)観戦メモ »

2006/11/20

いつもの週末

まずは雨の中、万博まで遠征された皆様、お疲れ様でした。
浦和サポとそれ以外のサポの狭間で注目されたガンバ大阪戦でしたが、無難に空気を読んだ結果となりましてJリーグの盛り上げに貢献出来たかなと。
でもね、要田さん。どうやったらあんなシュートが打てるのかと。もう一回あれやってみてと言われても、二度と再現は不可能じゃねのというAmazingなシュートでしたな。
感謝しろよ、ガンバサポ。

これでリーグ4連敗。
はっきり申し上げて泥沼ですよ。
過去に直近での4連敗と言いますと、2000年2nd14節~2001年1st3節(5連敗)まで遡らなければありません。単年度での4連敗では2000年2nd5節~9節(5連敗)以来の出来事。
2000年というと、ジェフ暗黒時代(98年~00年)の最終年。
残留争いに喘ぎまくった暗黒時代以後初めてのリーグ4連敗ですよ。
ナビ杯は取っちゃったし、リーグ戦は優勝も降格も無し、天皇杯は既に終了と全く目標が無くなったチームだから、こんな状態もありじゃないかと言いたいところですが、そんな事はありゃしない訳で、ジェフを応援する身にとっては切ないし情けないしで涙がちょちょぎれる心境ですよ。
ちょうど2年前の2004年2ndステージ終盤でも、今年とほとんど同じ状況(天皇杯で札幌に敗戦、優勝も降格も無し)となりましたが、翌年も(先代)オシムに監督として残ってもらおうと選手もサポも一丸となって残りのリーグ戦3試合を闘った記憶があります。最終節臨海での磐田戦はスタジアムが一体となった素晴らしい雰囲気で逆転勝利を収め、いまだに「あの時の磐田戦のような一体となった雰囲気を・・・」と言われるほど心に残る試合となりました。
今シーズンも残り3試合。
2年前と同じ気持ちでとは申しませんが、とにかくジェフの選手には目の前の敵を倒すことだけに集中して全力を尽くしてもらいたいと思う次第です。

|

« Jリーグ第30節千葉-新潟(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 水野様vsU-21韓国代表(国立)観戦メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/12752946

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの週末:

« Jリーグ第30節千葉-新潟(フクアリ)観戦メモ | トップページ | 水野様vsU-21韓国代表(国立)観戦メモ »