« たまにはプレビューでも | トップページ | 日中韓交流戦U-21日本代表-U-21中国代表(国立)観戦メモ »

2006/10/24

Jリーグ第28節千葉-大宮(フクアリ)観戦メモ

今、テレビのニュースでクラシコのダイジェストを見ています。
ミスを繰り返し、レアルマドリーのカウンターに沈むバルセロナの姿と、ジェフの姿が重なって見えてしまいました(笑)
Dsc00016_1
--------------------------------------------------------
10月21日(土) 2006 J1リーグ戦 第28節
千葉 1 - 3 大宮 (15:04/フクアリ/12,863人)
得点者:'1 小林慶行(大宮)、'43 久永辰徳(大宮)、'55 アリソン(大宮)、'87 クルプニコビッチ(千葉)
--------------------------------------------------------
全く語る価値も無い試合でしたが、自分の懲罰の意味も含めて振り返ってみることにします。

この日は久しぶり電車でのアプローチでフクアリへ。この日はイベント準備のためかフクアリ周辺の特設駐車場が解放されていなかったよう。ですが、8月のFC東京戦以降フクアリ駐車場を利用した自家用車での参戦に慣れてしまって電車はちょっとめんどい・・・という事で、電車利用は1駅間だけにしました(笑)
でも、実はこの日のケチの付け始めは首都高の渋滞。「初台→葛西2時間」という表示を見たときには気が遠くなりそうでした。結局その表示ほど時間は掛からず千葉まで辿り着いたのですが、市原臨海時代からスタジアムまでの道中で渋滞に巻き込まれた日の試合はろくな事は無く、イヤーな予感を感じつつフクアリに到着。

試合開始90分前、バクスタの席で牛丼をパクついていると、私の真後ろに座っていたカップルの男性が、ピッチ確認中の本日の審判団を見ながら「あ、あの審判はたぶん東城だよ。今日は東城かあ。」と彼女に教えている会話を聞こえてきたので、「あのスキンヘッドは奥谷。おくたにっていう方で、FC東京サポには絶大な人気(もちろん皮肉)の審判ですよ。」と教えたい気持ちを抑えつつ、大人しく試合開始を待っておりました。

じゃあぼちぼち、試合の感想でも・・・何から書きましょうか(笑)
まずは1失点目について。これは完全に試合の入り方を誤ったという感じでしょうか。逆に大宮に狙われていたのかもしれません。小林大吾にタメを作られている間に後方からジェフのお株を奪うがごとく大宮の選手が押し上げて来て、右サイドから楽に鳩にクロスを上げられて、ゴール前に立っていただけの小林慶行の頭に合わされたという感じでしょうか。
失点直後は、「1点くらいの失点は何とかなる」と思いながらその後の反撃に期待していたのですが、大宮のコンパクトかつスペースを埋める守備に手を焼き続けてしまいます。しかも前線では聞いたこともない名前のブラジル人がジェフDF陣を追い掛け回して、パスの出し処も抑えられ完全に手も足も出せず。
やっと左サイドで智がDFラインの裏に抜け出しボールを受けたと思いきや、大宮の久永に手でボールを奪われてしまいます。その瞬間当然の如くスタンドから「ハンドぉ!!!」という声が上がりますが、あろう事か奥谷主審は見事な見逃し。場所がPA内だっただけに、本当に悔やまれる誤審でした。
前半終了間際、小林大吾のループシュートを辛うじて岡本がセーブしたものの、ボールがクロスバーで跳ね返り、そこに詰めていた久永に押し込まれ追加点。もう、踏んだり蹴ったり。

ハーフタイムにストやんに代わり水野がスクランブル出場して反撃ムードを高めますが、選手同士の動きが噛み合わずパスミスの繰り返し。55分の失点はまさにその象徴で、クルプニがFKを味方をも欺くプレゼントパス。敵陣でのFKだったため、守備に対応できる選手が坂本だけ。その坂本もあっさりとブラジル人に振り切られ、3失点目。

まあ、1週間前の鹿島戦で見た鹿島側の姿をそのままフクアリで再現したようなそんな試合でした。
こんな試合いつか見たときあるなと遠い記憶を辿ってみたらありました。2003年1stステージ神戸戦。あの有名なオシム語録「今日唯一良かったことは、最低のプレーをした選手が全員だったということだ。」が生まれた試合。
奇しくも、あの試合も前節大分戦で4-0と快勝してホーム臨海に神戸を迎えた試合でした。しかし、雨の降りしきる臨海での現実は厳しく、ボールが繋がらずミスを繰り返してカウンターを食らい続けて、播戸(2得点)とオゼアスにやられ0-3。
結果的にこの敗戦をきっかけに、ジェフのスタメンが大幅に変更されその後の躍進に繋がったのですが、今回の大宮戦も次節以降の試合(特にナビスコ)に生かして欲しいと強く強く思います。(っていうか、そう思うしかやってられんでしょ)
その為には、まずはコンディションを万全に整えて欲しいですよね。巻なんか見てて切なかった。水本もトニーニョ?にぐしゃっと潰されてしばらく立ち上がれず、後半はテーピングをしながらがんばっていましたが、水曜日のU-21の試合を辞退するほど悪かったとは。
リーグ戦はもう優勝も降格も関係無くなったということで、名古屋戦は休ませてあげてもいいんじゃないかな。

とにかく、今後2週間は完全にナビスコ最優先として、選手もクラブもサポも全身全霊でFINALに臨めるようにしっかりと準備するしかないですね。

あ、「今日のガマちゃん」は後日アップするつもりです。

|

« たまにはプレビューでも | トップページ | 日中韓交流戦U-21日本代表-U-21中国代表(国立)観戦メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/12398679

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第28節千葉-大宮(フクアリ)観戦メモ:

« たまにはプレビューでも | トップページ | 日中韓交流戦U-21日本代表-U-21中国代表(国立)観戦メモ »