« 今日のガマちゃんver.2006/9/23 | トップページ | J2第42節横浜FC-仙台(国立)観戦メモ »

2006/09/24

Jリーグ第24節千葉-京都(フクアリ)観戦メモ

林さま
最近怪我から復帰されたと言うことで何よりです。
貴方の居ない今年のジェフは試合終盤の失点に苦しみ続け、結果も出ていません。
75分頃、貴方が居てくれたら・・・と思った試合が何度もありました。
今日は悲願の先発で古巣フクアリに凱旋ですが、お手柔らかにお願いしますよ。マジで。
Dsc00045
--------------------------------------------------------
9月23日(土) 2006 J1リーグ戦 第24節
千葉 2 - 0 京都 (18:34/フクアリ/10,857人)
得点者:'25 巻誠一郎(千葉)、'69 阿部勇樹(千葉)
--------------------------------------------------------
2日前のナビスコカップ川崎戦での勝利の余韻が残るホームフクアリ。
煮たまごが入ったJボールスペシャルを摘みながらマッタリと待機列に並んでいると「メタボリックシンドローム予防にお役立てくださーい」と、世界ハートの日のパンフとウエストを測るメジャーを頂きました。
おかげで今日は最後まで食欲を抑えることが出来ました(笑)

さ、試合の感想。
Dsc00046_1
今日は水本がパウリーニョ、結城が林に密着マークで決定的な仕事はさせませんでした。特に昨年J2で別次元の強さを見せ付けていたパウリーニョに対しては水本+ストやんで徹底的にマーク。その分だけフリーで右サイドでボールに触れる機会が多かった星でしたが、パスとクロスの精度が悪くかなり助かりました。結局前半37分でスーパーサブ加藤と交代、後半は加藤の突破とクロスにジェフが手を焼くのですが、この京都の右サイドの要員が今日の試合のポイントだったかなと思います。
前半のジェフの得点は、左サイド深い位置からの山岸のグラインダークロスが、3人の京都DFの後ろを通り抜け逆サイドの巻に繋がりゴール。
この場面、私の位置からは巻のシュートはサイドネット外側に外れたように見えたので一瞬溜息をつきかけて「はぁ・・・ああ!おおっ!」と妙な喜び方となってしまいました(笑)

1-0で折り返した後半は、中2日で運動量が落ちたジェフに対して、じわじわと京都に反撃されかなりやばい場面もありましたが精度が低いクロスとシュートに助けられました。
ジェフの2点目は、シュートを弾いたGKに詰めた中島がDFに引きづり倒されPKゲット。阿部キャプテンが2日前とは逆のゴール右側に蹴り込み決めてくれました。

スコアだけを見ればジェフの完勝のようですが、試合内容は決して褒められるようなものではなく、どちらかと言えばグダグダながら何とか勝ったというような試合でした。
けど、リーグ戦、特にホームゲーム連敗中のジェフにとっては今は結果が全て。久々の、しかも完封での勝利は最高の栄養剤となり得ることでしょう。
Dsc00050
試合終了後、バクスタ前に挨拶に来た岡本に向かって「おかもと!」と叫び両手でガッツポーズをしてみせたら、岡本が嬉しそうな笑顔で私を見ながら同じポーズを返してくれました。
思いがけず、しかもチームが一番苦しい時に出番が回ってきて、結果が出せない悩みや苦しみから解放されたようないい笑顔でした。岡本君、きみはこの3週間で確実に間違えなく成長しているよ。もっと自信を持っていいと思う。だから次の試合も頼んだよ。

来週はフクアリで大分戦。過去の戦跡を見ると相性の良い相手ではありますが、現在のジェフには手強い相手であることは確かです。
これからの1週間でよい準備をして、今まで失ってきた自信と勝ち点を奪い返しましょう。
Dsc00051

|

« 今日のガマちゃんver.2006/9/23 | トップページ | J2第42節横浜FC-仙台(国立)観戦メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/12015618

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第24節千葉-京都(フクアリ)観戦メモ:

« 今日のガマちゃんver.2006/9/23 | トップページ | J2第42節横浜FC-仙台(国立)観戦メモ »