« 今日のガマちゃんver.2006/5/3 | トップページ | チケットホルダーをカスタマイズ »

2006/05/04

Jリーグ第11節千葉-浦和(フクアリ)観戦メモ

「えーと、今日のキーワードは・・・・・『黄金週間』か。なーんだ、ひねりも何にも無いじゃん。」
「ん???」
「アブねー!『黄色週間』じゃねえか・・・引っかかるところだったぜ」
--------------------------------------------------------
5月3日(水) 2006 J1リーグ戦 第11節
千葉 2 - 0 浦和 (16:03/フクアリ/17,438人)
得点者:'73 巻誠一郎(千葉)、'89 中島浩司(千葉)
--------------------------------------------------------
2006年シーズンの優勝争いに加わることが出来るか否か、前半戦の山場となる対戦が第11節から3試合連続(2試合目と3試合目で2ヶ月以上も間が空きますが・・・)します。今日はその1試合目、浦和戦。
今日は6時半に起床して、早めの朝食をとりました。朝食のメニューは昨夜準備したこれ。
Dsc00046
今節が出場停止明けとなる浦和の某選手を喰らう儀式を兼ねて、気合いを入れて一気に3つも胃に流し込んだら胸焼けしてしまい、気持ちが悪いまま電車に揺られて蘇我駅に12時頃到着。

昨年11月の浦和戦では、フクアリのほぼ半数以上を赤い人達に占拠されていまいましたが、今日は土のグランドに芝生が根付くかの様にジェフサポの黄色がしっかりとバクスタの半分以上を黄色で染め上げました。
これも、クラブとサポーターの連携と努力の成果と言って良いでしょう。

では試合の感想を。
ジェフは序盤から鬼プレスを展開して、浦和を圧倒しまくります。中盤でボールを奪うとジェフ左サイドの山岸、クルプニのコンビネーションでサイドを突破して、ゴール前のクロスに巻が飛び込む攻撃が立て続けに展開されます。この攻撃で2回ほどゴールネットを揺さぶりますが、いずれもオフサイドの判定。これまでジェフであれば、これだけのチャンスを潰した後はあっけなく失点するのがデフォでしたが、今日は全く違いました。
前線からのプレスが機能して、セカンドボールを拾いまくって、浦和にチャンスらしいチャンスを与えません。前半は2回ほどワシントンが絡んだ危険な場面がありましたが、立石の好セーブで事無きを得ます。
得点の匂いがプンプン漂う雰囲気の中、0-0で前半終了。

ハーフタイム、浦和は長谷部を下げて細貝を右ストッパーの位置に入れ、前半にジェフの標的となっていた内舘をボランチに上げて、小野を2列目に上げてきました。
このポジションチェンジが功を奏したのか、後半は一進一退の攻防の時間帯が続き、大輔のルーズボール処理のミスがきっかけで、ポンテと立石の1vs1の場面を作られますが、立石の神セーブが炸裂して何とか凌ぎます。
そして73分、ジェフ左サイドでワシントンから奪ったボールから羽生→巻→クルプニとダイレクトで繋ぎ、ゴール前中央ポストの位置に張っていた勇人にクルプニからのパスが繋がります。勇人は「自分でシュートを打つことも考えた」このボールを、前線に走りこんできた巻に胸でダイレクトパス。巻が豪快にゴール左ポストに当てながらネットを揺さぶり、3度目の正直、文句無しの先制ゴール!
このときのスタンドの歓声が凄かった。マジで鳥肌が立ちましたよ。
直後、浦和もパワープレーで一気に押し込んできますが、しっかりと集中した守備で対応して弾き返します。
85分以降は時計を何度も見ながら「早く終わってくれ・・・」と祈りながら応援していましたが、ジェフのクリアボールが前線の中島に渡り、そのままフラフラとドリブル。「よし!このままコーナーでキープだ!」という期待を見事に裏切りそのままゴール前に攻め込みGKと1vs1に。「まさか!」と思った瞬間に、豪快なシュートがゴールに突き刺さり、勝利を決める2点目!
オーロラビジョンにオシムのガッツポーズのリプレイが映し出され、勝利を確信しました。

大脱走を歌いながら、ほどなく試合終了。
Dsc00068
Dsc00070

オシムもびっくりの素晴しい試合を生で観戦出来て、いい休日となりました。
さあ次節はわずか3日後に難敵横浜戦です。
今日の勝利に慢心することなく、昨年フクアリこけら落としの敵討ちをはたすべく、選手もサポも気合いを入れて日産スタジアムに乗り込みましょう。

|

« 今日のガマちゃんver.2006/5/3 | トップページ | チケットホルダーをカスタマイズ »

コメント

浦和完敗、浦和粉砕、浦和撃沈、浦和呆然。今はどの言葉もジェフサポであるかぎり耳に心地よい言葉に聞こえます。

これぞ臨海魂の真骨頂!と言いたいところですが、たぶん、川崎サポも「ジェフよくやってくれた」と喜んでいることでしょうね。

投稿: 武千代 | 2006/05/04 16:46

昨日は最高の試合を見せてもらいましたね。こんな凄い試合を見せられたらますますジェフ中毒に
させられてしまいますよ。(⌒∇⌒)

時節アウェーの日産スタジアムは我が家から味スタと同じくらい近いスタジムなので気合が入ります。ある意味地元ですからね。マリノス戦は浦和戦の流れで勝ってリーグ戦の中断に入りたいですね。

それと、先日のコメントさせていただいた時に、speedsterさんのSの文字が抜けておりました。大変失礼致しました(^_^;)

投稿: ゆうちゃく | 2006/05/04 20:48

>武千代さま

昨日の試合は、対戦相手がたまたま浦和だったと言うだけで、試合内容そのものが最高のフクアリ劇場だったと思います。
ただ、ジェフサポとしての心境は、浦和相手にフクアリでホームの雰囲気が出せたと言うことが非常に喜ばしく、さらに最高の試合を見せられた事がまさにジェフサポ冥利に尽きるという感じですかね。

>ゆうちゃくさま

観戦お疲れ様でした。
昨日のジェフサポの気合いの入り方は半端じゃなかったですよね(笑)
私もいつもより1時間早めにフクアリに到着したのですが、既に長蛇の列が出来ていて結局いつもと同じくらいの順番での入場でしたよ。
私も6日の横浜戦参戦予定ですので、互いがんばりましょう。
s抜けの件は、お気になさらずに(笑)

投稿: speedster | 2006/05/04 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/9890443

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第11節千葉-浦和(フクアリ)観戦メモ:

» レッズなんか恐くない(TV観戦記) [武千代日記]
リンク: 千葉が浦和に完勝/J1(日刊スポーツ) - サッカー スポーツ総合サイ [続きを読む]

受信: 2006/05/04 16:24

« 今日のガマちゃんver.2006/5/3 | トップページ | チケットホルダーをカスタマイズ »