« 今日のガマちゃんver.2006/3/18 | トップページ | 千葉、初日が出ました »

2006/03/19

Jリーグ第3節千葉-福岡(フクアリ)観戦メモ

--------------------------------------------------------
3月18日(土) 2006 J1リーグ戦 第3節
千葉 2 - 2 福岡 (16:04/フクアリ/8,567人)
得点者:'40 薮田光教(福岡)、'44 巻誠一郎(千葉)、'70 薮田光教(福岡)、'86 要田勇一(千葉)
--------------------------------------------------------
先週に引き続きフクアリのホームゲーム。
朝に目覚めて直に窓の外の天気を確認すると快晴。ベランダからは富士山も鮮やかに見えていました。この時点で詳細な天気情報を仕入れずに「今日は軽装備でよし」というミスを犯してしまいました。
11時過ぎに家族4人で自宅を出発。武蔵野線→中央線→京葉線の通いなれたコースで13時25分頃蘇我駅到着。
優先入場でフクアリ内に入り、何となく空を見上げると曇り空。雨が降る雰囲気は無いが、念のため屋根下にしておこうとバクスタ前段10列目の通路側を確保。2時間半後、この判断が功を奏するとは思いもよらなかったけど。

先週は公式ユニ購入騒ぎで、フクアリの雰囲気を味わえなかったので、今日は座席にずっと座って飲んで食べてマッタリと過ごしました。
その時感じたのが「お客さんが全然少ない」こと。
ホーム側自由席、ホーム側SA自由席前段はそれなりに埋まっていましたが、それ以外のエリアはガラガラ。結局フクアリ開催8試合目にして初の1万人割れ、8,567人。実は臨海でこの数字だと大入り感たっぷりなのだが、フクアリだとさすがに空席が目立つ。対戦相手が福岡だから・・・と簡単に片付けちゃうと、クラブの未来は無いですよ、営業さん。

では、あまり振り返りたくありませんが、試合内容について少々。
前節負傷との情報があった2名については、ハースが欠場、ストやんは先発。ということでスタメンは巻の1トップ、クルプニ、羽生の2シャドー。前半はこの3人に加えて勇人が積極的に前線へ顔を出して再三チャンスを演出。
左の山岸、右の水野からクロスが何本もゴール前に供給されました。が、福岡の必死の守備に阻まれてゴールならず。30分頃には左からのクロスに巻が頭で合わせて先制!と喜んだら、岡田主審の判定はノーゴール。現場ではオフサイドだと思ったのですが、ニュース映像を見るとどうやら巻のDFに対するファールらしい。
すると40分、福岡のレイトチャージで足を痛めた山岸がピッチを外れている時、山岸が居るはずの左サイドの広大なスペースを使われ、ドフリーで中村北斗?にクロスを上げられてしまいます。ボールは最終ラインのストやんが簡単に頭でクリア、と思いきやボールは無情にもストやんの頭上を越えて、その裏側に飛び込んだ薮田の頭に当ってゴール。ニュース映像で見たら、薮田へのマークが完全にはずれていましたな。
これはマズイなあ、前半で追いつきたいなあと考えていたら、2分もらった前半ロスタイムに巻が左からのクロスを頭で押し込み同点!今度はどフリーで綺麗に決めてくれました。

後半は頭から、羽生→工藤の交代。前半に巻の周辺で献身的に動き回っていた羽生の交代は意外でした。何かトラブルでもあったのだろうか。
交代で入った工藤ですが、巻との距離感がちょっと遠くて、前線で巻が孤立しているような状態でした。その為ボールを簡単に奪われ、攻め込まれる悪循環に陥ります。18分、疲れが見えるクルプニに代えて中島を投入しますが事態は変わらず。攻めの形が出来ないまま我慢の時間が続きましたが、25分福岡のFKから、またまた薮田に頭で押し込まれ勝ち越しを許してしまいます。
もう攻めるしかなくなったジェフはスクランブル体制発動で、大輔→要田の交代で2トップにして孤立していた巻救済に着手します。だけれども、この大事な場面でジェフ自慢の連携が音を立てて崩れるように、パスミスを連発。
いつもとは違うジェフの姿に、パスミスの度にスタンドからは大きな溜め息が何度も聞かれました。
それでも水野や山岸が左右からクロスを供給しまくりますがゴールに至らず。
もういい加減にしてくれ!と思い始めた86分。勇人が放ったミドルシュートを弾いたGKに要田がつめて、こぼれ玉を押し込み同点!要田らしい泥臭いゴールでした。
その後は乱闘を交えながらも熱い攻防がありましたが、結局ドロー。
またしても06年初勝利はお預けをくらってしまった・・・でも、負けなくて良かった・・・

実はJリーグ日程が発表になった直後は開幕3試合はボーナスステージだとばっかり思っておりましたが、1敗2分の勝ち点2という昨年以下の低迷状態。
オシムは「福岡だろうが浦和だろうが相手が居るから試合が成り立つ・・・」てなコメントをしておりますが、これは対戦相手に対するリスペクトが全然足りないから勝てない、という意味に理解したのですが・・・違うかな?
次節からは清水、鹿島とJ発足から馴染みのクラブとの対戦が続きます。兎にも角にも、もう一度ジェフサッカーの原点を思い出して、ひたむきに走るしかないでしょう。

次節のアウェイ清水戦は、酒田から日帰りは不可能なので欠席です。

|

« 今日のガマちゃんver.2006/3/18 | トップページ | 千葉、初日が出ました »

コメント

こんばんは。

この日の天候は本当にジェフサポの悔し涙の雨でしたね。 (ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸ オリャァァ!

ところで、この日は用事があり青山一丁目から、東京メトロで新木場に出て、そこから京葉線快速に乗りました。その時気付いたんですが、武蔵野線まで京葉線に乗り入れしてるんですね。めちゃめちゃ大回りですが・・・。

投稿: 武千代 | 2006/03/19 21:24

>武千代さま

そうなんです。武蔵野線で南習志野あたりまで行けちゃうんです。
でも、武蔵野線に1時間以上揺られているのと、新宿・東京辺りで寄り道できるのとを比べると、決してお勧めできるルートではないですよね。

投稿: speedster | 2006/03/21 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/9154290

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第3節千葉-福岡(フクアリ)観戦メモ:

» 蘇我の冷たい雨は悔し涙か [武千代日記]
またまたやって来ましたフクダ電子アリーナ。 J1は久方ぶりのアビスパ福岡を迎え撃 [続きを読む]

受信: 2006/03/19 21:12

« 今日のガマちゃんver.2006/3/18 | トップページ | 千葉、初日が出ました »