« Jリーグ第3節緑‐千葉(味スタ)備忘録(その1) | トップページ | 緑戦の主審 »

2005/04/04

Jリーグ第3節緑‐千葉(味スタ)備忘録(その2)

ようやく、試合開始。
序盤、JEFが鋭い出足でボールを奪い攻勢に出ます。
ゴル裏から見てもJEFの選手の気迫は緑のそれより明らかに上でした。
1分、攻め上がった左サイド坂本からのクロスを巻がゴール!
反対側のゴル裏からだと誰が入れたのか不明でしたが、
JEF側スタンドの盛り上がりは最高潮に。
自分の周りで大人しく観戦していた人たちが、
両手を突き上げて立ち上がって喜んでいる姿を見ると、
ゴールの嬉しさと共に見知らぬ人と喜びを共感出来た嬉しさを感じます。
さらに攻勢は続き、15分に流れの中から阿部がゴール!
オブラディの大合唱が味スタに響きました。
普通であれば15分までに2-0となれば、安心するでしょうが、
昨年2ndの瓦斯戦の記憶が蘇えり始め、
さらに緑は今年0-4からの後半に同点にしたり、
昨年のナビ杯準決勝では瓦斯相手に0-3から追いついたりのチーム。
油断は禁物と緊張しながらの観戦となりました。

ところで注目の怪物ワシントン。
JEFは斉藤がマンマークに付いていたみたいですが、
今日の最大の見所は、ワシントンvsストヤノフだったと思います。
もう、例えるならばゴジラ対キングギドラ。(意味不明ですが・・・)
巨大なワシントンがトップスピードでゴールに向かう姿は怖すぎでしたが、
それをリベロのストヤノフが競り合ってボールを奪う場面は大迫力でした。
今日のこの2人の戦いは明らかにワールドクラス。
これをチャリ30分、たった1500円で見れた私は幸せ者です。
試合終了後、この2人が握手を交わし、親指を立てて健闘を称え合う場面が
スクリーンに映り、本人達も楽しんでいたことが窺えました。

試合はJEFペースで進んでいるかのように見えましたが、
23分に左サイド相馬のミスキックのクロスを
小林大吾に角度ゼロの有り得ない位置からシュートを決められ1点差。
阿部キャプテンのマークが甘くなった所をやられました。

で、この辺りから主審の野田の判定が怪しくなり始めました。
中盤での緑の苦し紛れのファールが流されたり、JEFのファールになったり・・・
そんな中、26分。緑の相馬が左サイドを攻め上がって来ましたが、
水本?が落ち着いて対処。ボールは相馬のミスでサイドラインを割った。
ように私には見えました。水本?も一瞬集中力が切れたようでした。
しかし、相馬のプレーは続き、ファーサイドのワシントンへクロス。
ボールを受けて中へ切れ込んだワシントンと櫛野が1対1となり、
交錯してワシントンが倒れてPK。
おいおい!相馬のボールはラインを割ったろ!という激しいヤジが飛びますが、
バクスタ側の線審は直立不動。
切り替えろ櫛野!頼む!止めてくれ!と願うも、
左へ飛んだ櫛野をあざ笑うかのようにワシントンの緩いシュートが正面に決まります。
その後も野田主審の怪しいホーム寄りの判定は止まりません。
比例してスタンドからは野田主審に対するヤジが増え、
そのヤジの中に「ハゲ!」の声が混じり始めました。
瓦斯サポなら「くそ審判!ハゲ!」コール確実でしょうが、
そこは善良なJEFサポ。健気に選手の応援を続けます。

後半も開始直後からJEFが攻め続けて、良い場面を作るが決められません。
シュートは枠に行っていますが、ピンクのGK高木に止められ続けました。
というか、シュートがGK高木の正面ばかり。
あと、ハースがカウンターからGKと1対1の場面がありましたが、
何故かシュートを打たずにDFを連れている巻にパス。
わざわざ1対1から1対2の場面に。
パスを受けた巻もまさか自分にボールが来ると思ってないからミスしますよ。
そのハース。スローインの場面でロングスローの体勢に。
おお!ハースはロングスローも投げれるのか!期待感いっぱいで注目。
するとボールを一旦右側に傾けサイドスロー気味に投げるも、
ファールスローの判定・・・・がんばれマリオ!
そんなこんなで結局、引き分けで試合終了。

奇しくも両チームの監督からは、
「心臓に悪い人は見ないで下さい」
という昔のホラー映画のコピーのようなコメントが出る試合でした。

勝てなかった悔しい引き分けでしたが、
なんだかんだとハースがいい感じになってきた。というか、
周りがハースの動きを理解し始めたと言った方がいいかも。
いずれ、チームとしてまとまってきた感がありました。
特に目立ったのが櫛野のフィードがハースにつながる場面。
シンプルなカウンター攻撃として、かなり有効だと思いました。
あとは、シンプルにシュートを打って決めるだけ!だと思います。

試合終了後はチャリで家路に。17:30過ぎに帰宅。
やっぱり、近いって素晴らしい。
でも私が好きなチームはJEF。
来週は臨海で大分戦。
市原臨海競技場に近い市原市民及び千葉市民の皆様に、
一人でも多く、この発展途上のチームの試合を生で見て頂きたいと思います。

|

« Jリーグ第3節緑‐千葉(味スタ)備忘録(その1) | トップページ | 緑戦の主審 »

コメント

はじめましてTBさせて頂きます。
吾輩もタッチラインを割ったところ見たんで
すが、主審、副審とも見逃してしまったよう
で残念です。まあ、あそこで暴れたら北の国
の人たちになってしまうので
(笑)。ただ、次に繋がるゲームと確信しま
した。

投稿: おやかた。 | 2005/04/04 16:46

観戦お疲れ様でした。
ガラガラの1969シートで観てたものですw

楽しい試合でしたけど、普段のようにゴール裏で叫んでもいませんでしたけど、疲れました。
「うわー。心臓に悪いよ・・・」っていっしょに行ったツレにも話してたんですが、まさにその通りでしたねぇw
でも、こういう試合ができて、負けていないってのは大きな自信になるのではないでしょうか。
ハースもかなりフィットしてきた感もあるし、巻も覚醒してるし、次は絶対勝ちたい!

つーか、今年まだでんぐりがえし観てないのです・・・

投稿: まわる@ | 2005/04/04 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73179/3554251

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第3節緑‐千葉(味スタ)備忘録(その2):

» 次に繋げ、オシムの子犬たち。 [+++ A to Z +++]
 サッカーというのは次に何が起こるか解らない。圧倒的に攻めている時間帯が あったと思ったら、次の瞬間に相手に攻められてしまう、スリリングなゲーム。き のうの... [続きを読む]

受信: 2005/04/04 16:35

» VS東京ヴェルディ戦(3)その他 [ジェフリスダイアリー]
■心臓の悪い方はご注意ください(1/2) 「犬の生活」 第3節 東京V2−2千葉@西部健司様のコラム「犬の生活」。 …1/2ってことは2ページ目もかくのかな。採... [続きを読む]

受信: 2005/04/04 17:32

« Jリーグ第3節緑‐千葉(味スタ)備忘録(その1) | トップページ | 緑戦の主審 »